アップデートに失敗しました

作者 冬野瞠

67

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

遺伝子・塩基の話が出てきた時、すごく勉強されてる、と特にテンション上がりました!(私もそんなに詳しくないのですが💦)連れていかれた時はどうしようかと思いましたが…きっと黒服の方も知らないのでしょう…学くんや、他の方々が次の社会を作っていく過程も、いつか見れたらなあと思います。
素敵な作品ありがとうございます!!

★★★ Excellent!!!

伊藤計劃氏の作品にかなり影響を受けているとのことですが、システムの描写や各所からの引用が鮮やかで、作者独自の世界観が如実に描かれていました。

中でも主人公の感情の変化は丁寧に描写され、「これは自分にも起こり得る事なんだ」との実感を持って読むことが出来ました。

どこか突き放して冷静に描かれた伊藤計劃氏の作品と異なり、人間らしい視点と救いのある結末が好きです。
そして、ささやかな自由の大切さが身に沁みました。

★★★ Excellent!!!

 個々人の好みや体調、未来、学問や職の適性。様々な「監視」というものが人々の中に馴染み、監視が公然と行われるようになった近未来の話。
 絶え間なく行われる監視は人々の意思行動を希薄にしていき、やがて意思の要らない環境を享受するようになる。自由が剥奪されていることも知らずに生きる学を含める家族の姿は、現代の機械化や自動化を風刺しているようにも思えます。その中で好奇心にかられて、逸脱行為といえる行動をしてしまった学は、社会の不適格分子として殺されてしまうのか。ぜひご自身の目で続きを見てください。ラストまで目が離せません。