本を買いに行きました

作者 美木間

65

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

“本を買いに行きませんか?”――
軽やかなお誘いで始まる書籍めぐりのエッセイ。
現在は首都圏を中心に、京都、横浜、鎌倉、果ては金沢までが掲載されています。

背景となる文化や歴史を踏まえ、けれど淡々としない優しげな語り口が、旅の楽しみを引き立てます。
このエッセイを忍ばせて出かけてみれば、すてきな本と、ちょっぴりの不可思議、そして美味しいものに出会えるはずです。

★★★ Excellent!!!

 うまく表現できずに失礼いたします。
 例えるならば、『一緒に出かけましょう』誘われて、手を引かれて案内されているような、そんな穏やかさを感じました。
 エッセイであり、小説であり、紀行文であり、感想文でありetc。一つの作品で、幾つものジャンルを味わえる素敵な作品です。
 みなさまもどうぞ作者さまと一緒に、この作品の中へとお出かけされてみてはいかがでしょうか?

★★★ Excellent!!!

作者である美木間様と一緒に、本を探す旅へ行ってみませんか?
本を探すといっても、本屋さんを巡るだけではありません。
記念館や博物館、美術館や大学、アンテナショップや庭園、などなど。
さまざまな場所で、その場所にしかない一冊に出会うことができます。

また、この作品のもう一つの見どころは、ふと訪れる異世界トリップ。
不思議な出会いに、戸惑いながらも、ときめいて、素敵な思い出を残してくれます。

時にのんびりと、時に急ぎ足で、そして時に寄り道しながら――。
まずは気になるスポットから。ぜひ、小旅行を楽しんでみてください!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

読んで癒される作品です。

落ち着きのある文体で「紙の本」を買いに行く様子が綴られています。
作者さまと一緒に歩いている感覚になることができます。
その街の気候や風景、香りまでが感じられそうです。

途中ファンタジックな妄想が入るのも私は好きです。

web上で読んでいながらできる「紙の本」を買いに行く旅。

穏やかな風に包まれるような
優しい作者さまのお人柄に心癒される
素敵なエッセイです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

紀行文や旅行記、エッセイはとても好きです。時間と予算の関係から、または偏った興味の方向から、自分では到底訪れることの出来ない場所や思想に触れられるからです。

著者があげて下さった場所は、いずれも私の行ったことのない処です。いやぁ、近所を通りすぎたことはあったかも? 今後も、特に意識しなければ、訪れることはないでしょう。

そんな場所を訪れた気分になる。歴史や文化、生きた人々(時には、鬼や妖まで)に、逢える気がする。不思議でディープな紀行文です。

本と旅、文学がお好きな方は、きっとお気に召すと思います。私も、行ってみようかな(笑)。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

本好きで、ちょっとした小旅行が好きならば、この紀行文っぽいエッセイを読んでご覧なさい。家に居ながらにして連れていってもらえますよ—— ああ、なんて高尚なんだろう。ああー、なんて気品があるんだろう‥‥‥美木間氏の世界。

★★★ Excellent!!!

本を求め、ふらりと旅先の地を踏めば、
どこからか不思議の香りが立ち込める。
筆者を誘うのは、夢か幻かあやかしか。
読者もまた、一時の不思議の影を見る。

ブックカフェや博物館など、少し変わった「本屋」を旅する、
ファンタジックでノスタルジックな紀行文風の文学作品。
文体や雰囲気から、梨木香歩『家守奇譚』を思い出した。
奥ゆかしく静かで柔らかで、鮮やかな水彩画のようでもある。

本が好き、旅が好き、不思議が好きな読者はきっと心惹かれる。
もし偶然にも同じ場所を知っているならば、なおさらのことだ。

★★★ Excellent!!!

「本が買えるのは書店やネットだけではない」という視点から、様々な本のある場所を尋ねるというエッセイです。

 本にまつわる意外な場所。その、ちょっとした紹介だけではなく、筆者さん自信の所感や小噺なども盛り込まれているのが、なんとも心地良い雰囲気です。

 いろんなまちの、いろんな本のある風景を、のんびりと楽しませていただきます。

★★★ Excellent!!!

「学校司書の不思議旅 九頭竜ダムに沈んだ故郷 和泉村ノスタルジー」のシリーズが好きで、新連載ということで楽しみに読ませて頂きました。

海や洋館といった旅先の風景や、ワクワクとした感じや緊張が瑞々しい文章で語られて、言葉に導かれる心地よさに浸っているうちに、街や史跡の気配を五感で体感できる、素敵なエッセイです。

そして、私はこの作者の文章がとても好きです。
文章のシャワーを浴びるように、読み進めるのがとても気持ちいい。読書で癒しを味わっています。
今後も楽しみに読ませて頂きます!

読書の楽しさに思わずレビューを書いてしまったのですが、連載が進んだら、改めてレビュー文を書かせてください!