朝は来ぬ

日暮れて 朝恋し


静やかな夕闇の

染まりくるわびしさ

遠き夕月に浮かびくる

山並みの線の

朦朧たる曖昧さに

夜は覆いかぶさる


野焼きの残り香を

そろそろと連れて来たる

草逝かば灰

塵芥びゅうと巻き上がり

夜に紛れゆく

飛べねば落ちゆき網戸にかかる

その向こうに私の影


父よ

母よ

妹よ


私は待っている

皆の帰りを


やがて陽光地を照らし

家々はまぶしく

梁に揺れる私だけは

依然として夜をまとったまま…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

詩集「星のかのかを傾けて」 雨地草太郎 @amachi

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ