かにばる

作者 SATAカブレ

題名のその意味は――。

  • ★★★ Excellent!!!

 自分の顔がテーブルに張り付いているという奇妙な現象から、この物語は始まる。自分を識別する顔が、自分以外にあるという恐怖。そしてその異物感。そしてカニバル。タコを思い出した。タコは獲物がない状態では自分で自分の足を食べるという。人間にもこの現象は起きうるのか。おそらく、起きうる。だからこそこの物語は、一読の価値がある。題名のその意味、是非ご自身で堪能してみて下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 722