エデンの箱庭で

作者 誠澄セイル

すべてのエピソードへの応援コメント

  • エピローグ ―― 約束の丘へのコメント

    最後、きれいにまとまりましたね。怒涛のバトル展開からの静、見事でした。

    作者からの返信

    完璧なハッピーエンドとはいきませんでしたが、みんなそれぞれが幸せを掴める形には出来たかなと思っています。
    かなりの文量になってしましましたが、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

    2017年3月3日 17:04

  • 第四十九幕 ―― 心の在り方へのコメント

    ちゃんとみんな救いがあるんだ。いいなこういうの。

    作者からの返信

    人間誰でも間違いは犯すものなのでちゃんと赦しのある世界にしたな、というのが最初のコンセプトからありました。
    共感していただけて良かった!

    2017年3月3日 17:02

  • 第四十七幕 ―― 御神体、現るへのコメント

    列車砲まで。このあたり、ガンガン飛ばすなー。盛り上がります。。

    作者からの返信

    伏線を張ってだいぶ温めてきたネタがようやく日の目を見ましたね(笑)

    2017年3月2日 01:44

  • エピローグ ―― 約束の丘へのコメント

    完結おめでとうございます。

    それぞれがそれぞれの結果に落ち着いたんですね。
    それからのみんなも知りたいっと思っているのは内緒です。

    お疲れ様でした!

    作者からの返信

    なかなか長編になってしまったので、感無量です。
    ご読了ありがとうございました!

    一応、続編の構想も考えていますのでお見せできる内容がまとまったら近況ノートやTwitterでお知らせしたいと思います。
    次回は現代ファンタジーを1本書各予定ですので、興味が湧きましたら宜しくお願いします。

    2017年2月28日 21:44

  • 第四十七幕 ―― 御神体、現るへのコメント

    ネーミングセンスのところでいつもニヤッとしてます。
    シリアスなのに緩みがあるのはいい感じだなあと思います。

    作者からの返信

    今後もいっぱい残念な名前が増えていきそうかな(笑)
    あの場面で雰囲気を引っくり返せるのは彼女だからこそ、ですね!

    2017年2月28日 21:36

  • 第四十五幕 ―― 廃都に巣食う魔物へのコメント

    巨大ロボット戦きたーっ。劣化ウラン弾まで使うのか。。。

    作者からの返信

    来ましたね!
    普段はあまり書かないので、一番悩んで書いたところかもしれません(汗)

    2017年2月26日 19:52

  • 第四十五幕 ―― 廃都に巣食う魔物へのコメント

    スレスレの戦いの緊迫感がよく出ててすごいなぁと思いました!

    大型でもひるまないシキミ姉さんかっこいい。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    アクションってテンポが速い上、さらに乗り物での戦闘だったので上手く書けたかちょっとヒヤヒヤしておりました(汗)

    2017年2月22日 12:56

  • 第四十二幕 ―― 神の虚塔へのコメント

    マトリックスリローデッドのアーキテクト対話シーンを思い出した。こういう選択、厳しいですよね―。

    作者からの返信

    ここが作品のキャッチコピーなった部分でもあります。
    自分が守りたい小さな理想、もっと大きなものを守るための理想、どちらを選んでも必ず失うものがある。
    もし自分だったらどちらを選ぶか考えちゃいますね……。

    2017年2月21日 00:05

  • 第四十三幕 ―― 武器と、決意と、尊厳とへのコメント

    盛り上がってまいりましたー。
    そしてこれからの世界はどうなるのか……。

    作者からの返信

    いよいよクライマックスですね。
    頑張って筆を進めておりますので、引き続きお付き合いいただけると嬉しいです。

    2017年2月19日 14:12

  • 第四十幕 ―― 心凍てる魔女へのコメント

    ホバーライドくんはへんな名前をつけられなくてよかったと、こっそり思いました。
    館長ならば、もっと変な名前になっていたはずだ。

    作者からの返信

    シリアスなシーンで変な名前だと台無しになってしまいますしねw

    2017年2月19日 14:10

  • 第三十九幕 ―― 潜入へのコメント

    シキミさんは思い浮かべる容姿も派手だけど、やることも派手だなぁ、と毎回思ってます。
    今回は特に派手でかっこいいなー。

    作者からの返信

    しっかり者だけど、意外と考えなしに突っ込むところも……。
    今回は新技もでてきましたね(笑)

    2017年2月19日 14:09

  • 第三十八幕 ―― ヤマテノオロチへのコメント

    とてもとても大切なオンリーワン、を見てしまったわたしは、SM○Pのあの曲を聞くたびにセージのオンリーワンと思い出してしまいそうです。

    作者からの返信

    大変申し訳ないです……(汗)

    2017年2月19日 11:58

  • 第三十五幕 ―― 反撃の狼煙へのコメント

    力があるのに、ぞんざいに扱われるカミツレ様……。
    でもいざとなったら頼りになるんだろうなぁ。

    作者からの返信

    そこがカミツレ様の魅力でもあります(笑)
    我らの御神体!

    2017年2月19日 09:51

  • 第三十四幕 ―― 明かされる真実へのコメント

    うちの猫のテロメアも操作したいなぁ。
    そんなことができるようになったら夢のようだー。

    作者からの返信

    私も最近、飼い犬が先立ってしまったのでよく分かります。
    早くそんな技術が発明されてほしいものですねー。

    2017年2月19日 09:39

  • 第三十三幕 ―― 伝えたかった言葉へのコメント

    ひとまずはマツリカが引いたのかな。
    ヒマワリと同じようには、カシアには出来ないんだろうなぁ。

    作者からの返信

    このあたりから物語も大きく転換期に入り、核心に向けて動き出していきます。登場人物たちもそれぞれの想いが交錯し始めましたね。

    2017年2月19日 08:42

  • 第三十幕 ―― 懐かしき声へのコメント

    マトリカリアという名前も、マツリカとカシアを合わせたものなのかも。

    作者からの返信

    他に方もネーミングについて書かれていますが、
    裏設定的なお話をすると、全員が花や植物の名前になってます。
    (マトリカリアも実在する花の名です)

    この物語は創世記がベースになっていて、アダムとイヴが楽園を去る時に香辛料や植物の種を持ち出したとされています。
    それを旧人類が次世代に残す人の種、希望の名として……みたいな作者視点の願いが込められてもいます。

    2017年2月19日 07:43

  • 第二十八幕 ―― 聖地炎上へのコメント

    せっかく収穫した穀物がー!
    というか襲撃をどうにかしたとしても、先の生活は厳しくなりそう。

    作者からの返信

    鋭い指摘!(笑)

    2017年2月19日 07:01

  • 第二十四幕 ―― 陽だまりの中でへのコメント

    ヒマワリちゃん、切ないなぁ。

    作者からの返信

    普段は勝ち気ですが、根はすごく繊細ですしね……。
    ここからしばらくヒマワリ視点のお話になってます。

    2017年2月19日 06:59

  • 第二十三幕 ―― 愚か者の選択へのコメント

    セージとニゲラが組んだら、誰にも止められないんじゃないかな……。

    作者からの返信

    バカと無謀は同じポケットに入れるな……ですね。

    2017年2月19日 06:58

  • 第二十二幕 ―― 人と酒とへのコメント

    男が集まるとエロの話ばっかりかと思ったら、意外といろんな秘密が詰まってた!

    作者からの返信

    こんな形で知りたくなかったでしょうけど……これも男の友情ですね(笑)

    2017年2月19日 06:58

  • 第二十一幕 ―― トレジャーハンターへのコメント

    パン……のコメントで、書こうと思っていたものがふっとんだ件。

    作者からの返信

    すみません、こちらの返信とかぶってしまったかもしれないです(汗)
    パン……はこの物語最大の謎かもしれません。

    2017年2月18日 22:00

  • 第十八幕 ―― 告白へのコメント

    ちょっとドキドキな展開のあとに、おかえりなさいって言われたら……。
    カシアもなんだか安心した様子でよかった。

    そして羊羹とお茶を食べたくなったー。

    作者からの返信

    カシアの念願がついに叶いましたね。
    羊羹と温かいお茶は最高の癒やしです(笑)

    2017年2月18日 21:46

  • 第十五幕 ―― 書館の主へのコメント

    カミツレさん、結構好みです!

    作者からの返信

    ありがとうございます、おちゃめで可愛らしいですよね(笑)

    2017年2月18日 17:35

  • 第四十一幕 ―― 死闘、その果てに……へのコメント

    アクションシーンが入ったこともそうですが、現実の地名と重なるとリアリティーが増して緊迫感が出ますね。

    作者からの返信

    実際自分が訪れたことのある場所が、物語に出てくると連想しやすくて親近感も湧きますよね。その分、しっかりと書かなければなりませんが(汗)

    あとアクションシーンはかなり苦手で、テンポや表現など上手く書けているかいつもヒヤヒヤしております……。

    2017年2月17日 18:26

  • 第三十六幕 ―― 常闇へのコメント

    アキヴァルハラから大手町ってえと、新宿線>丸ノ内線ですかね。。。

    作者からの返信

    設定は東京メトロ半蔵門線になりますね。

    2017年2月14日 19:18

  • 第五幕 ―― セントラルへのコメント

    自分がもしもこの世界の住人なら、どうするか、楽しいかとか、色々想像しながら読んじゃいますね

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    望めばやりたいことを実現できるのは理想の人生ですよね。
    でも、それで満足できるのか、飽きてしまうのか。
    なかなか悩ましいですねー。

    2017年2月13日 12:55

  • 第三十四幕 ―― 明かされる真実へのコメント

    怒涛の真相開示。

    ・・テロメア操作できたらいいなあ。自分のを延ばしたい。。。

    作者からの返信

    細胞も劣化しないので若さも保てますねw

    2017年2月9日 22:30

  • 第十三幕 ―― 聖地へのコメント

    四十八人の巫女w

    作者からの返信

    史実も長い年月が経てば曖昧になりますから(笑)

    2017年2月9日 10:37

  • 第十幕 ―― 襲撃へのコメント

    物語の主題が登場しましたね、カシアは本当に記憶喪失なのか?

    作者からの返信

    ここが一つの大きな節目ですね。
    記憶の謎も今後の展開を想像しつつ楽しんで頂けたらと思います。

    2017年2月9日 00:08

  • 第八幕 ―― 望まない選択へのコメント

    社会的に不要な才能までデザインされているとは……。
    それとも意外な使い道が?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    多様性は大事ですしね(笑)

    2017年2月8日 22:59

  • 第七章 ―― 男の料理へのコメント

    SFの世界で和食ってそそりますねw

    作者からの返信

    たしかに言われてみればあまり無いかもですね(笑)

    2017年2月8日 00:06

  • 第四幕 ―― 理想郷へのコメント

    ナイスボイン!
    勢いで笑っちゃぃました。
    色々と謎が深そうですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    勢いで書いてしまいました、ナイスボイン(笑)
    二重、三重に、構成したつもりなので色々紐解いていって頂けたら嬉しいです。

    2017年2月7日 20:10

  • 第三十二幕 ―― 命、燃やしてへのコメント

    やはりディック的トータルリコール設定だった。。。
    そして七つの大罪の名を持つ超人(ヒトじゃないかもですが)たち。。。

    物語がここにきてぐっと大きくなりましたねー。これぞSFの醍醐味。

    作者からの返信

    トータル・リコールは見ていないので分かりませんが、管理者たちはバイオノイドという人造人間として紹介していますね。
    シリアスパートが続いていますが、物語もまだまだ続いていくのでお楽しみにです。

    2017年2月7日 17:02

  • 第十幕 ―― 襲撃へのコメント

    カシアが喉元まで出掛かっている、けど今のパートナーは、ヒマワリさん。彼女の名は?

    作者からの返信

    ここが一つの大きな節目、物語がひとつ先に動き始めます。

    2017年2月7日 12:48

  • 第八幕 ―― 望まない選択へのコメント

    うん、悩むカシアに優しいセージ。ちょっとコメディーだけど、本当は、真面目ないい回だと思います。

    作者からの返信

    この二人は何気にいいコンビですね(笑)

    2017年2月7日 12:46

  • 第六幕 ―― 隠された秘密へのコメント

    マトリカリアは、お守りではなく、監視だった。

    作者からの返信

    この物語の大事なキーワードでしたね。

    2017年2月7日 12:45

  • 第十五幕 ―― 書館の主へのコメント

    ――年の功

     ( ´艸`) プッ

    作者からの返信

    実は一番のお年寄りです(笑)

    2017年2月7日 12:44

  • 第五幕 ―― セントラルへのコメント

    申請相談制で、お仕事えらべるのね。ヒマワリさん。楽しみ。

    作者からの返信

    働かなくても生きていける、仕事が暇つぶしとなった社会ですね。
    ヒマワリの活躍の場はきっとあるはず!

    2017年2月7日 12:43

  • 第四幕 ―― 理想郷へのコメント

    登場する人物の紹介、出方が上手いですね。そして、冷たいとは?って引き込まれます。

    作者からの返信

    読むリズムを崩さないよう、人物紹介や説明は字数や間を気をつけるようにしてました。長すぎても短くてもダメなので結構ムズカシイですよね。

    2017年2月7日 09:17

  • 第三幕 ―― 籠の鳥へのコメント

    シーヴァって、期待。ヒマワリさんの虚勢が取れただけで、雰囲気が、変わったね。赤い果実大丈夫かな?星の所綺麗でした。クエストで進められる文明は、何か元々の知識や書物から誠澄セイル様がお考えになったのかしら?

    作者からの返信

    ここだけではないですが、専門知識的なものは事前に調べてから書くようにしていますね。現実にないものも、ベースになるモノから連想して書き足しています。

    2017年2月7日 08:57

  • 第二幕 ―― 赤い果実へのコメント

    オッサーン化、最初から?やっと可愛い名前も分かってよかった。一応、二人ともドキドキ風ですね。

    作者からの返信

    オッサーン化はそっとしておいてもらいたかったネタでした(笑)
    二人もようやく絆が結べましたね。

    2017年2月7日 08:46

  • 第一幕 ―― 箱庭へのコメント

    結構、じっくり読まされます。もしかしたら、あるかも知れない設定を上手に調理しているので、引き込まれます。早速部屋の外へ行くのかと、展開もさくさくで、いいですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    導入部分なので出来るだけ飽きられないようにテンポには気を使っていました。
    設定については頑張ってあれこれ仕込みをしたつもりですので、いろいろ想像しつつ読んでいただけたらと思います(笑)

    2017年2月7日 08:13

  • プロローグ ―― 遠い日の夢へのコメント

    詩の様に綺麗な文ですね。二人が気になるし、赤い果実もひやひやです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    物語が進むにつれて赤い果実に秘められた謎も明らかになってくるので、楽しんでいただけると嬉しいです。

    2017年2月7日 07:29

  • 第三十一幕 ―― 宿敵へのコメント

    先日から読み始めて、やっとここまで追いつきました。
    そして、緊迫の展開で寸止めでした。ううむ、面白い。
    次回を楽しみに待ちます。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    続きは今書いていますのでしばらくお待ち下さい(汗)
    明日、最新話をアップする予定です。

    2017年2月6日 22:27

  • 第六幕 ―― 隠された秘密へのコメント

    花の名前がキーワードになりそうですね!

    作者からの返信

    登場人物の名前にもちょっとした想いが含まれているので、その辺りも楽しんで頂けたらと思います(笑)

    2017年2月6日 20:52

  • 第十一幕 ―― 全てに背いて……へのコメント

    いいですねえ、こういう淡い恋愛。少女漫画で読んでいたのがフラッシュバックするようです!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    二人ともまだ恋愛に不慣れで手探りで進んでいくのが、初々しくていいですよね。上手く伝わって良かったです(笑)

    2017年2月6日 18:14

  • 第三十幕 ―― 懐かしき声へのコメント

    マツリカは、カシアひとりだけの「保護者」なんだろうか。ウゴゴ

    作者からの返信

    マツリカがカシアを特別扱いしているのは間違いないですね。その理由も今後のお話で……きっと!

    2017年2月5日 18:06

  • 第五幕 ―― セントラルへのコメント

    デザイナーチャイルド、SFちっくな単語が物語を引き立てますね!

    僕も個人的にはマツリカがいいですね、花の名前もいいです!

    作者からの返信

    この物語の柱のひとつとなるキーワードですね。
    実は名前にはちょっとした裏設定もあるのですが、そういうところも想像しつつ読んでいただけたら嬉しいです。

    美人で優しいお姉さんは憧れですね(笑)

    2017年2月4日 19:25

  • 第五幕 ―― セントラルへのコメント

    マツリカさん……(//∇//)ポッ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    マツリカさんは頼れるお姉さんって感じですね(笑)

    2017年2月3日 22:15

  • 第四幕 ―― 理想郷へのコメント

    いい感じに物語が進んでますね!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ここから登場人物も増えてくるので物語が膨らんでくると思います。
    いろいろキーワードを拾いながら読んでくださると嬉しいです(笑)

    2017年2月3日 19:40

  • 第二十八幕 ―― 聖地炎上へのコメント

    やっぱり箱庭か。

    ヒマワリは無事だろうか。。。もしや。。。いやまさか。。

    作者からの返信

    ヒマワリはちょっと可哀想な状況になっていますが、もう少し読み進めるといろいろ明らかになってくる予定ですので、お楽しみです!

    2017年2月3日 14:11

  • 第一幕 ―― 箱庭へのコメント

    読みやすいです、導入もうまく先が気になりますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    始まりはゆったりスタートですが、だんだんと盛り上がってくるのでお楽しみ下さい。

    2017年2月2日 15:21

  • プロローグ ―― 遠い日の夢へのコメント

    タイトルがいいですね、非常に興味をそそります!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    物語の柱になる部分なのでいろいろ考えてみました(笑)

    2017年2月2日 15:19

  • 第十一幕 ―― 全てに背いて……へのコメント

    こういう幼い恋はいろいろ応援したくなります。つか、ヒマワリちゃんデレデレですな(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    彼女は感情が幼い分、行動も大胆ですよね(笑)

    2017年2月1日 14:24

  • 第二十四幕 ―― 陽だまりの中でへのコメント

    箱庭出てから、ずいぶん人間味出てきましたね

    作者からの返信

    ヒマワリもカシアもそれぞれ生きがいを見つられましたし、キャラクターも増えて随分と賑やかになってきた所ですね(笑)
    ここから少し、ヒマワリ視点のお話が続きますけれどお付き合い下さい~。

    2017年1月30日 18:46

  • 第十幕 ―― 襲撃へのコメント

    とうとう会えたけど、カシアの記憶はーー。
    気になります。

    作者からの返信

    ようやく見つけた夢の少女、カシアは確信しているけど思い出せない……ジレンマが続きますね。
    確実な糸口を見つけたカシアがどう謎を紐解いていくのか、お楽しみにです……!

    2017年1月28日 20:18

  • 第八幕 ―― 望まない選択へのコメント

    夢を阻止するなにかの陰謀、はたまたカシアの記憶が隠さなければいけないものなのか、といろいろ考えています。

    作者からの返信

    物語の上で大きな転換点となる要素が見え隠れしてくる段階に入って来ましたね。
    いろいろ考察して頂けると嬉しいです♪

    2017年1月28日 19:20

  • プロローグ ―― 遠い日の夢へのコメント

    物語が始まった!! という感じがして、いいですね。
    この夢が物語にどう結び付くのか。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    物語全体に影響する重要なキーワードなので、イメージしやすさを意識して書いてみました。
    今後の展開をお楽しみにです(笑)

    2017年1月28日 06:33

  • 第二十一幕 ―― トレジャーハンターへのコメント

    この時代、特にエデンの外では、パン・・・・服はどうやって生産されているのだろうか。。。

    作者からの返信

    もう少し進むと解るかも?しれないです。
    パン……は生きていくための必需品ですからね!

    2017年1月27日 21:45

  • 第七章 ―― 男の料理へのコメント

    糠漬け、食べたくなってきました。

    作者からの返信

    色々と問題の多い回でしたが、やっぱり漬物は美味しいので食べたくなってきますね(笑)

    2017年1月27日 19:03

  • 第六幕 ―― 隠された秘密へのコメント

    なにか隠蔽しなきゃいけない真実があるんですね!

    作者からの返信

    この先に続く物語のヒントのひとつが出てきたところですね!

    2017年1月27日 18:21

  • 第二幕 ―― 赤い果実へのコメント

    カシアとヒマワリ、いいカンジですね。
    ( ´艸`)

    作者からの返信

    虚勢という壁が壊れて、ようやくお互い向き合うことができましたね。
    ここからが本当のスタート――といったところでしょうか。
    お楽しみにです!

    2017年1月27日 16:26

  • 第五幕 ―― セントラルへのコメント

    マツリカさん、かっこよすぎるわー。
    4人がいいバランスな気がしないでもない。セージとヒマワリの相性は悪いけど。

    作者からの返信

    作者自身もマツリカさんは結構お気に入りのキャラクターです(笑)
    セージとヒマワリもいつか和解できる日が・・・くるのかな?

    2017年1月27日 14:37

  • 第四幕 ―― 理想郷へのコメント

    カシアたちが特別で、それを監視している人たち、みたいな構図に思えてきました。

    作者からの返信

    二人にとっては初めての世界、初めての仲間。今後どんな交友関係を築いていくかお楽しみですね(笑)

    2017年1月27日 14:36

  • 第三幕 ―― 籠の鳥へのコメント

    いきなり戦国時代とかそういう移動させられたら、嫌だなぁ。

    作者からの返信

    前情報がほとんど出てこないので、ここではいろんな想像しちゃいますね……。

    2017年1月27日 14:33

  • 第二幕 ―― 赤い果実へのコメント

    ああよかった。
    ヒマワリちゃんがあのまま怠惰だったら、「アンターー!早くメシもってきなさいよメシ!!」的なトド嫁になっていたことだろう…。

    作者からの返信

    ヒマワリはカシアとは正反対の方法で自分を守っていましたね。
    現実でもひとつ他人との壁を取り払うと見えてくる、その人らしさが分かると嬉しくなるものですね。

    2017年1月27日 14:31

  • 第十九幕 ―― 眠り姫へのコメント

    ディックぽいモチーフが出てきましたねー。女vs女ってことは、トータルリコールの感じかな。。。

    作者からの返信

    ここも真実を辿るためのキーワードになっていきますね。

    2017年1月27日 14:28

  • 第十六幕 ―― 枷と鍵へのコメント

    クリンゴン語。。。。うーむカーク船長一派が実在した世界線か。。。チューバッカはおらへんの?

    作者からの返信

    クリンゴン語はネタでした(笑)
    元ネタ分かる人には分かっちゃいますね。

    2017年1月27日 14:16

  • 第一幕 ―― 箱庭へのコメント

    最初からカシアは、雑用係な流れを掴んでしまったんですね…。

    作者からの返信

    お互い初めて出会う他人なので、カシアの大人しい性格が災いした……感じになっちゃいまいたね。

    2017年1月27日 14:15

  • プロローグ ―― 遠い日の夢へのコメント

    どんな物語が始まるのか。
    そして主人公は、どんな世界の住人なのか。
    気になります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    物語で導入部分は重要なので、ここだけあえて一人称だったり、童話ぽい書き方にしてたりします。
    あとあと読んでいただいて「あー、こういうことだったのか!」と思えて頂けると嬉しいです(笑)

    2017年1月27日 14:09

  • 第十五幕 ―― 書館の主へのコメント

    エデン的世界で女難の相とか。。。うらやまかわいそす。まあ、好奇心旺盛で鳥かごから出ちゃったからでしょうね。。

    作者からの返信

    人も増えてきて人間関係も複雑になってきましたしね!
    約束された安定を捨てて、自由を得た代償なのか約得なのか・・・。
    今後もひと波乱あるかも?

    2017年1月26日 13:46

  • 第一幕 ―― 箱庭へのコメント

    ブロンドの少女とカシアのキャラが面白いですね。
    ( ´艸`)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    これから二人のドタバタ生活が始まっていきます(笑)

    2017年1月25日 21:22

  • 第十三幕 ―― 聖地へのコメント

    秋葉原にドジっ娘メイド……じゃなかった、アキヴァルハラに世話係ね。これはキャラ大量投入の予感。。。

    作者からの返信

    舞台が切り替わり、周りを取り巻く人や環境にも大きな変化が出てくる辺りですので、想像が膨らみますね!

    2017年1月25日 15:14

  • 第二幕 ―― 赤い果実へのコメント

    ……男の子だね、カシア君。
    そんなことをしみじみと思った、作品のスタートラインです。
    ちょっとずつ、楽しませていただきます。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    初めての異性でもありますしね(笑)
    お時間ある時にでも続き読んでやってください~。

    2017年1月25日 00:05

  • 第八幕 ―― 望まない選択へのコメント

    物語が動き出してきた。。

  • 第三幕 ―― 籠の鳥へのコメント

    いきなりツンデレw

  • 第二幕 ―― 赤い果実へのコメント

    「おさーん化」は老化現象やない。人類の進化や

    作者からの返信

    ある年齢を過ぎるとフローラルな香り(臭い)に変化しますしね(笑)

    2017年1月24日 17:44

  • 第一幕 ―― 箱庭へのコメント

    なるほど、「エデンの箱庭」かあ。。。

    火の鳥にも似たエピソードあったですね。男児しか産まれない遠未来で、冷凍睡眠した母親が、何代にも渡って自分の子孫の子供を宿すって奴。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    あれはいいお話でしたね、たしか異星人と交配して新たな種族になっていきましたね。

    2017年1月24日 12:11