田舎ファンタジア

作者 東江 怜

80

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生活感、過疎化感あふれる田舎フィールドで、業務の片手間に催される村おこし的な異世界ごっこ。
しかしそれは何者かに強制されたものだった。
という設定なのですが、田舎要素がかなり強く、とにかくユルい。
仲間が、装備が、戦闘が、魔法が、敵キャラが。
戦闘だって、ホントに危険なことはダメですよ?
仕事は定時で終わりですよ?
夜だって、ちゃんと家に帰って寝ますよ?
そんな環境の中、主人公=勇者は、一歩離れた目線で、ツッコミまくりながら、生暖かく冒険を続けていく。
この生暖かさが、クセになるのです!
途中で昼寝もしたりして。
うん、こんな冒険、いままでなかった(笑)。

★★★ Excellent!!!

田舎の役場的な職に付き、帰郷すると、なぜか村人全員が本気でRPGごっこをしているという、とんでもない展開から物語が始まります。
コンビニにも普通の商品にまぎれて妙なものが売られていたり、スーツ姿のままの王様やら懐中電灯で照らしてきて「勇者に光あれ」なんて言ってくる、なんともたまらないシュールな展開が続きます。
モンスター、召喚獣がいよいよでてくるぞってときの、どんなシュールな展開が待っているのかというワクワク感。これは読みだしたらクセになりますよ。

★★★ Excellent!!!

帰郷したら、故郷の村がファンタジーの世界みたいになっていた!というお話。
まず発想が面白い。現実に非現実がじわじわと侵食してくる感じが非常にワクワクします。
城が役場でお役所仕事だったりリクルートスーツで戦ったりコンビニでアイテムを買ったりと、微妙に現実感のある描写が絶妙で思わずクスリ。
一話一話が短くて読みやすく、ほのぼのしていて安定して読んでいられるのも魅力的。古代の言い伝えなんかを絡めた設定もなるほどと言った感じ。
はっきり言って今回のコンテストの異世界ファンタジー作品のなかではトップクラスの面白さだと私は思います。何でこんなに星が少ないのか不思議なくらい。もっと評価されてもいい一作です

★★★ Excellent!!!

とても面白いです。
主人公が田舎に帰郷すると、そこは……
みたいな感じで始まる物語ですが、異世界ガチ勢の物語ではありません。
ゆる~い感じです。

要所要所に狙いすましたコメディポイントもあって、
くすっとなりながら読み進める事ができます。

主人公の職業とか、これは彼の10年後の暗示か…
と変に深読みさせられたり、
村の予算が…みたいな妙に人間臭い箇所もあったりと、
スローライフの中にガシガシおもしろ要素を詰め込んだ内容です。

実は別サイトで見つけた時期の方が早くて
そちらを読んでいたのですが、
此方のほうが更新が早いみたいで、今後此方で読みます。

よく使われる言葉ですが敢えて言わせていただきますと、

『是非皆様も読んで下さい。おすすめです。』

ホント、オススメです。

★★★ Excellent!!!

常に冷静にツッコミを入れる主人公と一緒に「おい、そこかっ」だの「いやいや違うから。おかしいから」「ええ……!?」と、とにかく独り言が止まらない。ニヤニヤも止まらない。

私に田舎なんてないのに、初めて読んだのに懐かしい。

感情を揺さぶって、心にたくさん感嘆詞が沸くのは凄い力量の証。

新たなニューカマー・ツッコミライブ小説をご堪能くださいませ。

★★★ Excellent!!!

面白いです。
異世界に飛ばされるわけでもなく、あくまで故郷がロールプレイング化するという身近に起こるファンタジーです。
普通の役場の人達がロープレのキャラ設定になっていて、ゆるく異世界化してるのがいいですね!
壮大な設定のファンタジーもいいですが、ある日うっかり身近に起きてしまうような、そんな雰囲気のこの作品、私は、とても好きです。
キャラも立っているけど、でも全く架空の人物じゃなく、こういう人いるよね感が良いですね!
ありそうでなかった新しいファンタジーの形。
これからも、ほんわか冒険譚を楽しみに読ませて頂きますね!

★★★ Excellent!!!

個性的なキャラクターが織り成す田舎の大冒険(?)。
壮大なファンタジー……とは程遠いですが、世界規模を田舎規模で冒険したらこうなるんだろうな、という小説です。

キャラクターで言えば、
薫がイケメンです。オススメです。応援してやってください。
タローは罵ってあげてください。
あかねんはあかんねん。
シアンは愛でてあげてください。
そして、主人公はツッコミです。

気になる方はぜひ本編を!

★★★ Excellent!!!

どこか少し残念で哀愁感が漂う、本当にありそうな世知辛さ。
ふふっと少し笑えるシュールさに思わず読む手が止められません。
田舎に住んでいた頃を思い出し、どこか懐かしさを内包しながら、ファンタジーとしての新しい機軸を打ち出した作品がここに爆誕!

ぜひ、ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

異世界を思わせるような現代で繰り広げられる田舎ファンタジー。
これぞ憧れのロールプレイングゲームの世界(田舎版)。
魔物も出てくるし、武器もお金も出てくる、なのにちょっとシュール。
ところどころに作者のユーモアのセンスが散りばめられた一品です。
お茶でも飲みながら穏やかな気持ちで読みたい作品です、癒されます。