重箱の隅の秘密

作者 六条弥勒

純文学万歳!

  • ★★★ Excellent!!!

退屈と絶望は似ている。
という最初の一文から、あ、この作品大丈夫だという妙な安堵感を得ました。
バラキとハシズカの会話の安定感が、一話目なのに凄い。すんなり入ってくる。今後の作者様の投稿、楽しみにしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ほだか🌟みお(消費期限はあと2年)さんの他のおすすめレビュー 156