狂犬の苦悩にキツネは笑いけり

作者 夏炉冬扇

正義感の奥に隠されたものは悲しいけれど

  • ★★★ Excellent!!!

文章がとても読みやすく、私がよく知る町での展開ということもあってワクワクしながら読ませて頂きました。

ある日ミコトに突然現れた尻尾。
ここからの物語の流れ…八雲君との関係や、ミコトの悲しい過去などひとつひとつの展開が心地よく、読後感もいいものでした。

ミコトの正義感…全力パワーは読んでいて気持ちいいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月野璃子さんの他のおすすめレビュー 454