せいしをかけて!セクサロイド

作者 東雲メメ

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

怒涛の掛け合いと、その中に含まれる大量の下ネタが魅力です。

お下品な中にラブコメとしてのお約束はきっちり入っています。
それ以上に下ネタがぶっこまれていますけど。
そこが魅力なので問題なし!

主人公が応援というか同情したくなる境遇です。
この先どうなるのかわからないけれど、がんばれ主人公。

難しいことを考えず、本能のままに読んで笑いたい。
そんなときにおすすめです。

★★★ Excellent!!!

……もうね。ここまで目的が露骨だと清々しいよ。
ライトノベルもここまできたよ。
これ以上の目的ないよ。
それ以外ないよ。
青少年への訴求最短距離だよ(笑

そりゃあ、ドラ〇もんより、ラビちゃんのほうがいいよ!


ハイレベルなギャグセンスに裏打ちされた確かなストーリー展開。

これ以上ないと思える主人公辰兵衛の大ピンチとは?

これ、読まないと損なやつ! ぜったい損だよ!!

★★★ Excellent!!!

どこぞのタヌキロボットが未来からやってきて主人公を救う話ととてもよく似ていますが、だがしかし、やってきたのは美少女だったのだぜという話です。
主人公のアレがアレしたりしてウエィクアップできなくなったのでがんばっていこうぜってところです。
何を言ってるかわかんない?
是非本編を見よう! 運営からアカウントBANされるか否かのチキンレースだ!

★★★ Excellent!!!

はるか未来からやって来たとされるセクサロイド『ラビ』。
これは主人公のたっくんとの、文字通り『せいしをかけた』戦いである!

という訳でエロいエロいラブコメであります!
なんと言っても特徴的なのが、会話から飛び交ってくるエロ用語の数々! その他にも思わずクスッとするパロディやギャグが満載となっています!
そしてなんと言ってもラビちゃんとたっくんのやり取りもいい! エロかわなラビちゃんと不感症(?)なたっくん、相性がいいのか悪いのか(笑)

果たしてたっくんはラビちゃんと共にイケるのか!?

★★★ Excellent!!!

 おいおい待てよ、そんなタイトルに俺がクマ――――――――!!!!
 見事に釣られました、やられた(笑)本作は、未来の生死を賭けたSFの皮を被った、良質なオゲフィンギャグラブコメです。そう、シンセイなる男女の営みに鋭く切り込んだんです。突然美少女が出現し押しかけてくる「落ちものヒロイン」なんですが、まあ…強いて言うなら、イキものヒロイン?ヌキものヒロイン?しかし、人工知能やロボットの現実性が増してきた現在、人間のあらゆる存在理由をマシーンが代替する可能性があります。昔から創作物で愛好されてきた「性のはけ口としてのロボット」…さあ、この笑いの果てに待つ結末は、人とモノの歴史にどう刻まれるのか?期待作です!

★★★ Excellent!!!

少年漫画的な雰囲気を漂わせている、お色気方面のアンドロイドものです!

セクサロイドといえばサイバーパンクSFにはお約束。とかく陰のあるガジェットとして扱われるパターンも非常に多いですが、本作品に出て来るラビちゃんは非常に明るいですね。エッチぃですね。素晴らしい。

外出先で読むのはオススメしない、そんな本作品を皆さんご一読下さい!

★★★ Excellent!!!

さくさく読めちゃう(スケベな)作品。
軽快な掛け合い、メタ発言、終始一貫したギャグテイストは漫画のよう。
まだ二話ですが、これから夜のプロレスが行われるのか否か……。
それを確認出来るまでは読むのをやめない……!(確認出来ても読み続けます)

★★★ Excellent!!!

なんだこれは。

もう一度言います。大事なことだったので。

_人人人人人人人人人人人人_
> なんだこれは(褒め言葉)<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

コンセプトがまさかのカクヨムの利用規約に触れんか触れるかの超ギリギリ! 垢BANコースをトップスピードで駆けてしまわんばかりのテーマとキャラクターに謎の白い液体の匂いが漂ってくる気がしました。

謎の白い液体? いいえ、ケフィアです(テンプレ)。

そんな前置きはともかく、これはカクヨムロボットの金字塔の一角を担う作品『PEAXION-ピージオン-』の作者が書いた新作ですよ皆さん。間違わないでください。
主作のシリアスさから一転。まるで名前が同じだけの別の方が書いたかのような変わりように、あなたはついてこられるでしょうか?
しかしながら、一見ふざけた内容かと思えば、登場人物かつ最大の元凶()の主人公への接近目的から感じるシリアス。そこからタイトルの不穏さの真意を理解できるでしょう。

カクヨム内、最近書籍化が決まった下ネタを詰め込んだ例の作品とも張り合えるかもしれない名作誕生の予感……。
とりあえず読んでみて下さい。知らぬ間に下半身の何処かが濡れているかも知れません故。

おお、ケフィアケフィア。