この世界で、君と二度目の恋をする

作者 望月くらげ

切なさの先に希望を見いだしたくて、過去を変えていく……。

  • ★★★ Excellent!!!

 悲しい別れまでの日々を綴った日記帳。生前の彼の思いを辿ってページをめくる主人公の切なさが、胸に沁みます。
 過去に戻る度に、過去を変えていく度に、これでいいのかと逡巡する主人公の複雑な心境が、ストレートに伝わってきます。
 現在と過去と日記帳と変わったあとの日記帳。この4つが絡み合って、主人公も読者も巻き込んでいく手腕は素晴らしいです。ぜひこの渦に巻き込まれにいってみてください。
 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠 秋生さんの他のおすすめレビュー 480