幾星霜のスノーホワイト

作者 月下ゆずりは

32

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

月下ゆずりは先生の書くポストアポカリプスものが大好きです。
終末の世界にこれでもかと存在する厳しさ、這い寄る殺意、理由も忘れ去られた自律兵器。
そんな中に息づく人々。

その「確かな生」が場面から、セリフから、描写から、一文字一文字から、時にコミカルに、時におぞましく、時にシリアスに描かれた様は、一度読めば確実に心奪われること間違いなし。

全球凍結というシナリオを歩んだ極寒の地球を舞台に、「一国の王」は友と共に自らの「生」のため旅立つ。
彼らの旅路に待ち受けるのは、忘却の雪原、巨大な遺物、謎の女。

圧倒的質量、膨大な知識によって構築された終末世界の一区画。
あなたもぜひ、飛び込んでみてはいかがでしょう。

★★★ Excellent!!!

小気味よい、そして格好いい!
キサラギ氏の(いい意味で)乾いた文体が遺憾なく発揮され、スノーボールアースにおけるポストアポカリプスという題材を成立させています。

しかし、ドライなばかりではなく、キャラにも機械にもどこか愛嬌が感じられるのです。滅びの世界を生きる人々の独特な感性、たくましさ。この時代にあっても凍るまいとする人間の熱量が、文面を通して活き活きと伝わって来るのが見事ですね。

ロボ好きとしては、スキー板を履いたロボット〈スライダー〉にも注目せざるを得ません。
そう来たか…! と言いたくなってしまうくらいに明快な発想ですが、それ故に面白い。
決して現実離れした存在ではないメカがメインになっていることで、遠い未来にあり得る滅びの世界がより一層親しみやすい形で描かれているのかも知れません。

SFとしても、冒険譚としても面白い作品です。
この凍える冬にこそ、是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

辺り一面、雪に囲まれた世界。ある村には王子と呼ばれるラックがいた。
そのラックですが、崖に落ちてアンドロイド『ニューク』と死闘を繰り広げて、何故か友情が芽生えてしまったのです。その辺が何とも男らしいというか暑苦しい何かが感じて、思わず笑みが零れてしまいました。

それである理由で、古代の都市に行くラック達。その旅で使用するのはスライダー『シャマシュ』。
スライダーとは雪の世界を駆ける為のロボットらしい。脚部にスキー板が付いている辺りが、雪の世界に対応していると同時に、このスライダーのユニークさを表現していると思います。

旅の途中に待ち受ける幾多の困難。果たしてラック達は古代の都市に辿り着ける事が出来るだろうか?
スノーロボットストーリー、一見の価値ありです!

★★★ Excellent!!!

 東北人の俺が毎日この時期雪かきに悩まされながら「こういう極寒の豪雪地帯でロボモノ書いたらええやないの」と思ってた、まさにその構想を形にした作品の出現です!しかも、氏の持ち味である圧倒的な世界観と背景、荒涼たる「滅びの先の世界」が待ち受けています。極めて高度な文明が、なんらかの理由で氷の時代に閉ざされ雪と寒さに埋もれてゆく時代…衰退する技術や文明に縋るのか、それとも…!?この冬を熱くする極寒のSFストーリー、今まさにカクヨムという名の氷河に飛び出し滑走してゆきます!