欠落少女

作者 真賀田デニム

138

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前作に引き続き怖い怖いと慄きつつ読了しました。

自分の小説に星を入れて欲しいがゆえに、よく読みもしない小説に星を入れる主人公。それは決して褒められた行為ではないのですが、彼女の「自分の作品が注目されたい」という欲求は物書きならば誰でも持ち、理解できるものです。理解できるからこそ、彼女と自分を重ね合わせてラストに戦慄してしまう……。

……せめて昼に読めば良かった。夜に読んだから、怖くて怖くてしばらく眠れなかった。

★★★ Excellent!!!

この作品はカクヨムを題材にしたホラーだよー
サイト内のコンテストで入賞したいがために、〝小説を読まずに星を投げまくる〟いわゆる「星爆」って行為をしていた主人公。彼女は見返りの星欲しさにこの星爆っていう悪い行為を繰り返してたの。その行為が自分を最悪の結末に導くなんて知らずに、ね…
結末の内容を知りたい? なら、この小説を〝ちゃんと〟読んでみて!

ホラーではあるんだけど、カクヨム作者としても考えさせられる内容だったなー。心理描写っていうのかな。主人公の感情の表現が絶妙で、久々にホラー小説を読んで背筋がゾクってした。
リアルなホラーを読んでみたい方、カクヨム作者さん、是非読んでみて♪ただし夜中に読むのは勧めないよー。私は読んだ後怖くて眠れなくなっちゃった。それくらい怖かったんだ

★★ Very Good!!

ひぇぇ……怖いよ。夜中に読むもんじゃ無い……
内容は悪い事した女の子が恐怖のズンドコに陥るっていうホラーの王道であるのですが、ストーリーがカクヨム作家にとっては身近過ぎてリアリティが半端ない……
ジョジョの作者が面白さとはリアリティだと言っていましたが、まさか作品の方からこちらのリアリティに寄ってくるとは……参りました……オチも良いです。

★★★ Excellent!!!

カクヨムを始めて、何をすべきかわからない人たちに、是非読んでほしいです。
色々と注意すべきことが書いてあります。
これから書こうと思う方も、もうこの作品の主人公と同じ行動をしてしまった人も、純粋にホラーが見たい方にも。
ズルズルとカクヨムのダークサイドへと、引きずり込まれます。


主人公は、コンテストに小説を投稿した女の子。
彼女は『星』欲しさに、たくさんの人にお星様を提供します。
その理由は、お返しに自分の作品にも星を送ってもらうため。

そんなある日、近況ノートに
[俺はお前が何をしているか知っている。今すぐやめろ]
というコメントが届くのです。

これ以上はネタバレになってしまうので、書けません。

このコメントを書いた人が誰なのか?
なぜバレてしまったのか? 
と、考えながら読むとより楽しめると思います。

本当にね、もうリアルで怖いんですよ。
皆さんも注意して、カクヨムライフをお楽しみください!

★★★ Excellent!!!

星が欲しい。カクヨミで作品を提出する人間ならば誰もが願う願望で一人の少女が願望を満たす為に星をバラ撒く。しかし、その行為がやがて彼女自身の破滅へと導くとは知らずに……
カクヨミを題材としただけに、カクヨミ読者兼作家の方々の中には思わずドキリとしたり、息を飲んだ人も居られるのではないでしょうか?
そして最後に待ち受けていた衝撃を目にした瞬間、自分を振り返らずにはいられないでしょう……。

★★★ Excellent!!!

息をひそめてしずかに読んだ。
カーテンを締め切っていたので部屋は暗かった。自然と己の身が固くなっていった。彼女のような行為は何ひとつしていないのに。たまにアクセスをたくさん頂いた時、夜中眠りながら器用に自分で複アカを取り、ひとりでくるくる廻しているんじゃないかと疑うことがある。隣から、かたん、と物音がした。意味もなく耳を防いだ。

★★★ Excellent!!!

これはとても引き込まれる作品です。
何と言っても、物語のテーマがここ、カクヨムなのですから。
人はだれでも評価を求めます。それが心血を注いで書いた小説であれば尚更。
しかしその気持ちが強すぎると、人はいとも簡単に深淵に吸い寄せられてしまいます。
この作品はそのあたりの心理描写が非常にリアルで、実は誰の心にもこうした闇が少しづつひそんでいるのではないか、と思わされます。
ホラーとしても楽しめますが、小説とどう向き合えばよいのか?ということについても考えさせられる作品です。

★★ Very Good!!

 カクヨムがきっかけで、恐ろしいことが起きてしまいます。
 あなたは、カクヨムのあちこちに、闇が潜んでいることに気づきます。
 そして、明日には闇の渦に引きずり込まれているでしょう。

 すいません。演出過剰でした。(汗
 ですが、この作品、怖かったです!

★★★ Excellent!!!

カクヨムのダークサイドに踏み込んだ作品。
かと思いきや、そこはおまけ要素でしっかりとホラーでした。
しかも媒体名を出しているので生々しくて恐怖も一入です。

とにかく恐いんだ!
何が恐いとかレビューでは書けないけれど、恐いんだ!
創作だけれど、現実でも無いとは言い切れない所が恐いんだ!

お昼に読んで下さい。夜読めばうなされます。

この短編ホラーは只者じゃない!

★★★ Excellent!!!

自分の作品に評価を集めるため、作品を読まずに評価をばらまいている少女に降りかかる悲劇を描いた作品です。
こう書くとなにか教訓めいた話になるのか、と思うかもしれませんが、それはリアリティを増すためだけの小道具にすぎません。ちゃんと正統派のホラー小説になっています。だからこそ面白い。
彼女の罪悪感、作戦、考え方などが実にリアルに思えるからこそ、忍び寄る恐怖にぞくぞくし、怯え、背筋が寒くなります。
久しぶりに続き読みたくないなぁ、でもどうなるのかなぁ、というホラーならではの読書感を味わいました。

★★ Very Good!!

『キンキョウノォト』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881957404

 こちらに引き続き、またギリギリのところを攻めてくるな、という印象です。
 それはリアルなのか創作なのか。
 ミステリーなのかホラーなのか。
 読み方によって、シュールなギャグとさえ読めてしまう。

 本当、笑えるのやら笑えないやら、カクヨムギリギリのライン。

 おそらく、そんな我々の反応さえ百も承知で作者様は書いていらっしゃるのだろうと察しますが。

 勿論、私はちゃんと読んで評価し、レビューも書いてますkら、あれ、nか、ノ……イ、ズ、ががが……

★★★ Excellent!!!

前作『キンキョウノォト』に引き続き、こちらもカクヨムのシステムを大胆に取り入れた戦慄のホラーとなっております。もし先にこちらを読まれた方がいましたら、是非とも前作も読んでいただきたいと思います。
コメント欄での些細なやり取りが、現実をじわじわと侵食していく静かな恐ろしさと、そこから絶望の淵に追い詰められるまでのスリリングな恐怖感はさすがの一言です。
この恐怖、まだまだ続くのでしょうか……?

★★★ Excellent!!!

 最初はまさか「星」の意味が☆だということに気付かずに読んでいましたが、これはバーチャルがリアルを侵食するホラーです。
 でも、よく考えたら「カクヨム」ユーザーなら誰でも起こりえることだと感じて、最後は怖くなりました。皆様、ユーザーならこの注意喚起を読むべきだと思います。何故ならこの恐怖は我々の身近に潜んでいるから……。

★★★ Excellent!!!

ううう。怖いです(>_<)
お隣さんが……。うわ〜ん😭

夢見るような可愛らしいタイトルなのに……。ううう。

単独でも楽しめ(?怖がれ)ますが、前作『キンキョウノォト』を先にお読みになることをオススメします。

レビューや星の評価は清く正しく行いましょう。うん。
楽しいところだよね? カクヨムって。

★★★ Excellent!!!

カクヨムを始め、多くの小説投稿サイトにおいては、お気に入りに登録した人は分かれどその作品に誰がアクセスしたかまでは知る事が出来ないもの。

ある意味不特定多数が読む事ができる訳ですので当然かもしれないですが、なら一体誰が読んだのか……いや、それ以前にお気に入りに登録した人の裏の顔は一体どんなものなのか?

悪い意味でのふとした事で、その疑問を抱くようになった主人公。待ち受けていたものは、誰も予想できない結末。
身近すぎるもの故に見事などんでん返しに背筋が凍る、ホラーの醍醐味を味わえる作品です。

★★★ Excellent!!!

カクヨムのコンテストに通過するために、手段を選ばない女子高生作家。その彼女に恐怖が襲いかかる……
前作「キンキョウノオト」の続編ですが、今作だけでも充分背筋が凍ります。この時節にいらぬ寒気を感じさせてくれる親切設計、という冗談が吹き飛ばされるほどシャープな恐怖を味わえる物語です。
どこがツボなのか、を見事に押さえられております。いったい誰が犯人なのか、なぜ主人公の悪業を知ることができたのか、を読み手にも追いかけさせ、寸前で裏切る。さらに逃げおうせたかと安堵感を読み手に持たせて、ストンと綱を切る。これがホラーの醍醐味ですよね。
肝心なのは、最後のどんでん返し。決まった! そうきましたか! とラストで読み手に容赦のないゾクリ感を叩きつけてくれます。
ご覧になる前に、出すものはキッチリ出してから、と老婆心ながらお伝えしておきます。
さもないと、私のように……

★★★ Excellent!!!

カクヨムユーザーならこの欠落少女のような行動も少なからず脳裏をよぎってしまいますよね。それだけにこの物語の最後がハッピーエンドであると祈るのは少々厳しいものがあります(´・ω・`) そんなカクヨムの現状に対する問題にモノ申すようなこの危ないご作品には、当然・・・★3なんて、ゼッタイのゼッタイに、上げないんだからねッ!?