ハツコイぱんている ~毎朝五分の暗号解読/おやすみ前にラブコメディー~

作者 如月 仁成

137

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

PとAのあいだ、っていったら、ありのとわ……
とか思ってしまうくらい、あんまり賢くない自分が読んでも、なるほどねーと楽しめる暗号、毎話毎話お楽しみ要素として上手い具合に出てきていい感じです。
そして、カクヨムの定義するラブコメジャンルってどうなのよという疑問がありまくりなのですが、本作品は素直にラブコメしていて安心できました。
一見クールビューティーのようでいてぬけているところもあるヒロインもかわいいし、ちゃんとお約束を遵守してちょっとえっちなサービスシーンもありますし。
なんとか一つくらい、まともに暗号解いてみたいもんです。

★★★ Excellent!!!

主人公は暗号作りが趣味で、歳相応にちょっぴりえっちな男の子・七色君。
対してヒロインは一見クールビューティ、本当はかなりのドジっ子、しかしてその正体は悪魔の王サタンである十河沙甜ちゃん。

ヒロインの設定からしてかなり飛ばしているが、本編もいきなりハイテンションで飛ばしまくってくる。
その疾走感がラブコメのコメディ部分をぐいぐいと引っ張るのだけれど、しっかりとラブするところはなんとも甘酸っぱくイチャイチャするので、うん、おまえら爆発しろと呪わずにはいられない。

そして呪いと言えば、ヒロインの沙甜ちゃんは三十六時間以内に謎をひとつ解かなければいけないという呪いがかけられている。
だから物語はそんな沙甜ちゃんの為に七色君が暗号という謎を作り、それを沙甜ちゃんが解き明かすのが各話のパターンとなっているのだが、無事謎を解明し呪いが一時的に解除されたかどうかは腿の付け根にある「レトリビューション・チェーン」なる紋様が消えているかどうか確かめなくてはいけない。
女の子の腿の付け根の紋様を確かめるって……ええ、そりゃーもう、そんなところを確かめようとしたら自然とぱんつも見えちゃいますよね、当たり前ですよね、作者分かっててそんな設定にしたよね、あんたは天才か?

というわけで、暗号が解かれるとヒロインのパンツが見れます。沙甜ちゃんも決して痴女ってわけではないので、あれやこれやとパンツを七色君に見られないようにしますが、それでも見られてしまいます、このドジっ子め天使かよ。

なお、沙甜ちゃんは人間に触られると相手に電気ショックを与えるという困った体質ですが、それでおしおきされるのは七色君だけなので、読者は安全にパンツを拝むことが出来ます。

もっとも「ただでパンツを見れても嬉しくないぜ」って男気溢れる貴兄は、物語中に出てくる七色君が作った暗号の解読に挑戦してみてはいかがでしょうか?
僕は…続きを読む

★★ Very Good!!

ミステリー風味なラブコメもの。

各話謎解き要素がありミステリー風ですが、それ以上に登場人物のやりとりが面白い! テンポがいいドタバタ系のコメディは読んでいて思わず笑ってしまうところもありつつ、ラブコメらしい二人の関係の進展に笑いとは違う意味でにやけてしまうなど、楽しい気持ちになれる作品でしたね。

物語のその後が知りたくなるような作品。ラブコメ好きの方に強くオススメしたい一作でした。気になる方は是非!

★★★ Excellent!!!

各エピソードのタイトルが一筋縄では解けない暗号。
ヒロインは悪魔の王で、普通に高校生活を送るドジっ子。
主人公は年齢=彼女いない歴だけど痺れるほどの(実際痺れてるし)性格イケメン。
そんな一風変わったところだらけのラブコメですが、ラブもコメも余すところなく堪能できる素敵な作品です。

登場人物の会話の応酬がとにかくアップテンポで、ウイットにとんだユーモアがこれでもかというくらい散りばめられています。
クスリと、時にはわははっと笑える面白さが満載なのですが、それだけじゃない。
その会話から滲み出る、ヒロイン十河さんの可愛らしさや優しさ、主人公七色くんの男気や思いやりもキュンキュンするほど伝わってきます。
そんなやりとりをしながら、そして七色くんが愛情込めて作った暗号を十河さんが解きながら、恋愛感情がわからない十河さんにどんどん変化が現れていくのですが…

最終話、暗号を必死で解く十河さんのひた向きさには胸を打つ切なさが感じられて、これまでの楽しい雰囲気とはまた違う空気感を味わうことができます。

とにかくそんな濃密な作品ですが、タイトルの暗号は解かなくても大丈夫(と言い切ってごめんなさい💦)!
各話ちゃんとオチがついてますが、ぜひ一話目から順に読むことをおすすめします。
十河さんの可愛さと七色くんの男らしさにどんどんのめり込んでいけるはずですから(´∀`*)

極上のラブコメをあなたもぜひご堪能ください♬

★★★ Excellent!!!

これでもかと言うほどエンターテイメント性の高い小説です。
異世界であり、学園物であり、暗号解読があり、胸キュンラブストーリーでもあり、そしてくすっと笑えるコメディ要素もあります。
読者サービスのかたまりと言ってもいいでしょう!

そしてヒロインが最強なのに憎めないドジっ子ちゃんです。

電流攻撃にトラブルメーカーの某アニメの鬼っ子ヒロインを彷彿とさせる十河さんが何と言っても可愛いです。

練りに練られた暗号は、私は一つも解く事が出来ませんでしたが、推理物が好きな方には楽しめるだろうと思います。

そしてラスト。

ヒロインはかぐや姫のごとく月に帰って……?

いえいえ、すでに続編もあるとの事です。
引き続きその後の二人を追っていこうと思います!

★★★ Excellent!!!

クリスマス前から大晦日までの10日間の高校生の微笑ましいラブコメディです。

毎回水戸黄門の印籠シーンのような定番パターンを踏襲させつつ、物語は進んでいきます。

毎話唸らせてくれる謎解きにくすくす笑わせてくれるギャグパート。
でも根底に流れているのはふたりの純粋で甘い想い。

ラブストーリーをこんな味付けで仕上げる作者の力量にただただ感嘆のため息です。

謎解きの得意な方はエピソードタイトルから楽しめます。
ワタシのように謎解きがお手上げの方も大丈夫。謎解きはヒロインに任せて楽しい物語の世界を堪能しましょう。

痛気持ちよさがクセになる、とても楽しい物語をぜひ皆さんにも(^_−)−☆

★★★ Excellent!!!


十二月、最後の十日間。
七色くんと十河さんにとって、忘れられない日々の物語です。

少しずつ二人の距離が近づいていく様子が、暗号の解読も含めて楽しく描かれています。
クールな十河さんも、次第にいろんな表情を見せるようになり、どんどん可愛らしくなっていくのがわかります。
また終盤、十河さんの「ある事情」が絡み、二人がお互いを思う姿が本当に切なかったです。

全体的に明るい印象で、柔らかな雰囲気。
文章もとても読みやすく、楽しかったです。
たくさんの方に読んでいただきたいと思います。

★★★ Excellent!!!

暗号解読とくればミステリーになりがちなジャンルを、ラブコメ作品に仕上げた快作!

毎回の十河さんと七色の掛け合いについニンマリしながらも、レベルの高い暗号解読が出題されます。

普通のラブコメじゃ物足りないという人には是非オススメの作品。
エピソードタイトルで答えがわかったら、相当のキレ者です。

★★★ Excellent!!!

これだけのギャグをテンポを一切ぐだらせず続けられているご作品はなかなかないと思います。個人的にはイチゴの発音のくだりが好きでした。んー、オチがじわじわと面白い(笑) それとこのご作品は暗号を題材にしているのですが、正直この暗号について気に留めなくても大丈夫です。苦手意識は取り払っていただき、このラブコメがどんな結末を迎えるのか、その最後の最後までお楽しみください!!

★★★ Excellent!!!

主人公の七色くんはボキャブラリーの多くて愉快な上にまっすぐでとても真摯。
そんな彼の真っ直ぐな想いをことごとくバッサリのクールビューティーのドジっ子姫、沙甜さん。
その心が徐々に人間らしくなっていく。
お互いがまっすぐで素直でも、あることが理由で恋はなかなか進まない。

謎は二人を近づけるスパイス。
彼が彼女に謎を提供しつづける真意を知るとさらにきゅんとする。

テンポ良く進む会話と地の文。
どちらも飽きずに読み進められます。
二人の関係が進んでいくドキドキと謎が解けていくドキドキ。
二つのドキドキが楽しめる。

とにかく沙甜さんが可愛くて、七色くんがかっこいい。
トーク力が高くて女性に真摯な人は大好きです(照)

思い切り笑える甘いラブコメが楽しみたい人にぜひおすすめの作品です。

★★★ Excellent!!!

とにかく面白い。
読後の感想はその一言に尽きます。

主人公七色と十河のキャラがとにかく面白くて、可愛い。
とくに十河はツボですね。
テンポのいい会話と、文中に散りばめられたギャグに、何度も笑わせていただきました。
暗号謎解き、甘い(ビリビリ)シーンもあり、ラストはちょっぴり切なくて、『続編を読みたい!』と、思える作品です。

★★★ Excellent!!!

毎回こった暗号がでてきて、とても楽しめました。とはいっても、一問も当たりませんでしたが(-_-;)。

ラブコメパートは本当に楽しくて、テンポもよく、十河さんに振り回されている主人公に感情移入できました。そして、十河さんのかわいらしさは格別です!! しかも、ドジっ子属性。すばらしかったです!!

★★★ Excellent!!!

 読書が大好きな男子と、美少女の王女。
 この二人が年末に巻き起こすラブコメ……を主軸に各話一つずつ凝った謎解きがあります。
 いったん紙に書き写してじっくり解いてみるもよし、ラブコメ部分を堪能するもよし。
 カップルで子供の相手をするクリスマス。ときめきますね。

★★★ Excellent!!!

とにかく楽しい! この一言に尽きます。魅力的なキャラによる掛け合いの妙は、今まで読んできた中でも随一! のみならず、"ただのラブコメ"と呼ぶにはあまりに本格的な暗号の数々は、腕を鳴らした暗号マニア諸氏にも充分堪能していただけることでしょう。
最終話の結びも素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

 謎が毎回出てくるこの作品。小生には難しかったが、ストーリーは意外性にあふれ、最後はただのラブコメではなくなっていました。それもそのはず。この学校には人間だけではない、他の種族も通っていて、近所の喫茶店は悪魔が運営(?)しているのです。
 そしてヒロインが抱える感情については、切なさがありました。
 最後はほろ苦い展開となりましたが、この後、ヒロインと主人公はどうなってしまうのか気になります。

★★★ Excellent!!!

超ハイレベルなラブコメディー
セリフがいろいろとぶっ飛んでて、笑うしかないのですが、その中にもきちんとラブが入っており、しかも最後は壮大な結末が……

一週間楽しませていただきました。というのも、一話が少し長めなので、一日一話ペースで読もうと思っていたんですね。しかし、計算があわない(笑)

「個人的にはハイテンションマシンガントークを炸裂させる美優が好きなんだが、登場回がすくねーんだこれが! うけるっ!」

……というわけで続編、期待しています!

★★★ Excellent!!!

初々しい主人公たちの雰囲気が良かったです。
ネックレスをつけて、と言っているあたりは良い雰囲気になっていると思いました。
また、ロミオとジュリエットのコメディな会話は面白かったです。
続きが気になります。

★★★ Excellent!!!

間違いはだれしもある!
でも、その後どうするかは人によって選択が異なる。
その後の、両者の誠実さは魅力だなと思いました。
魅力的なキャラクターラブコメ、独特な世界観、それから謎解きミステリと、ぜいたくな作品です。

↓お気に入りの掛け合いを抜粋↓
「で? 誰に会って欲しいって?」
「ああ、あんな話の後で申し訳ないのだが、あたしは急せいているのだ。こいつらから理由を聞き出すのに協力してはくれまいか」
「…………手伝う。せめて恥の一部くらいは雪すすぎたい」
「ありがたい。我が校の前頭葉と称される七色の知力、頼りにしている」
「それ、でこに付いた称号だから当てにしないでね?」
~~~~

★★★ Excellent!!!

聞き間違いから告白してしまう男のラブコメディです。

発想がいいですね!

いかにもラブコメらしく勘違いから始まるのがいいです。

ただ、気になったのがタイトルで、5分で読めると勘違いしてしまいました。

これからも楽しい話期待しています、次の話にも期待して星三つ送らせて頂きます。