作者 @kuronekoya

83

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

電車に乗りながら回想する話です。


会話文はなく、モノローグで進みますが、それがいやにマッチしていて、知らない相手に共感してしまいます。

ラストも余韻を残していて、いい感じです!

次の話にも期待して星三つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

こういう風に日常を描写するだけでも、文章力や語彙力一つで美しく見えるのだから言葉とは不可思議な存在だと改めて思わされます。
想い人との出会いと別れ、そして不器用ながらも密かに想いを引き摺っている感じもほろ苦くて素敵でした。
間の取り方や雰囲気、見習いたい点が多々ある素晴らしい一作でございます。

Good!

蜜柑さん経由で来ました。
随所に誘い水を巻いていますね。”右腕の傷”なんて臭いがプンプン。しばらく考えていましたが、アイデアが浮かびません。歳相応に老夫婦から攻めるか?
ちょっと蜜柑さん以外の方の作品も参考までに覗いてみます。でも、私自身は力量不足で参加できないかもしれません。

★★ Very Good!!

随分と古い歌謡曲を思い出してしまいました。
私からしても懐メロで聞いた曲なので、若い読者さまはきっとご存じないでしょうが、「青春時代」という歌です。
若かった恋と、思い出と、今の優しい時間。

その続きを私たちに投げてくださるなんて、作者さまもなかなか憎いことをなさる(笑)

乗っかっちゃいますよ?

★★★ Excellent!!!

心躍る楽曲がフェードアウトしていくように、遠距離恋愛もいつしか終焉を迎えた。忘れかけていた元恋人を電車の中で発見してしまった……
そんな女性の心を紡いだ物語です。心情を言葉にするのではなく、電車内の出来事や恋人の仕草などを使ってとても上手く表現されています。
見落としがちな日常の中にも、色々なドラマがあるということです。
ラストも洒落た雰囲気を漂わせて締めくくられており、読後に読み手の想像力を駆り立てる作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

連結したり、走ったり、時には不慮の事態で止まったり。
沢山の人生を孕んだ電車は、それ自体を人生のメタファーとして。
日常的アイテムだからこそ、ひとつの場面がたくさんの可能性へと広がるすばらしいシェアワールド企画だと思います!
のっからせていただきました! 素敵な機会をありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

 こうやって 運命って、話って 紡がれる。

 この先を 色々と考えれる。
私は 創作をやった事がないので、とても 勉強になりました。
時間・場所・状況・人格、あらゆる方向へ どこへでも、どこまでも
話の展開は 無限大。

 そういう風にして 作家の皆様は、プロット作業を されるのですね。

 本当に 学べました。ありがとうございます。