忍ぶ川にあやかりて

作者 芳賀 概夢

神谷バーに秘められた深い深い想い

  • ★★★ Excellent!!!

『ここへ一番最初につれてきて、一番最初に酒を一緒に呑むなら、自分にとって一番大事な奴がいい』

住所にちなんだ言葉ですが、まさかそんな意味があったとは思いもよりませんでした。
そして『忍ぶ川』……まさにそれは永遠の愛を象徴するような小説ですね。
これほどに温まるお話、他にはありません。ぜひ読んではいかが?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

榊あんかさんの他のおすすめレビュー 242