【グリムノーツ】未完の書【銀河鉄道の想区】

作者 さくらもみじ

未完の物語を与えられた住人の苦悩が、結末に向かって加速していく。

  • ★★★ Excellent!!!

未完の物語に結末を与える……この発想が、まず素敵だなと思いました!
これは「グリムノーツ」でなければできないことですし、その「結末」に至るまでの道程も素晴らしかったと思います!(特に緊迫感のある演出が良かった!)

タオ・ファミリーの掛け合いも楽しく、迫力の戦闘シーンもゲームを活かしており、見事でした!

各キャラの心理描写も詳細に描かれていたので、物語に入り込むことができましたよ!

本作を読んだ後に「銀河鉄道の夜」を読むと、また違った趣があるのではないかと思います!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

埴輪さんの他のおすすめレビュー 206