崑崙仁帝

作者 左安倍虎

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

先の諸著作からでも感じるけれど、左安倍虎さんが描く物語はスッと入ってくるようにわかりやすい。特に初めて知るような人物の登場時における、決して説明臭くなく、それでいて曖昧過ぎない適度な距離感でのさりげない語りの巧みさなどはほとほと感心してしまう。
この小説「崑崙仁帝」でも作者による上記の手腕は発揮されており、それぞれのキャラクターが個別の姿を描けるように丁寧に描き分けられている。完結していないのは悲しいけれども、それでもキャラクター達が生き生きと動き回っている様を見るだけでも楽しいものがある。個人的には決して強くないのにへらず口を叩く陳勝は大分お気に入り。

また途中話数で作者の著作を読んできた人ならわかるサプライズがあり、軽くテンションが上がりました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

それだけじゃあないのです。ゆったりとした、読者を置いてけぼりにしない、それでいてサクサクと読み進められる文章が心地よい。これから起きる事件への期待、あるいは不安を想像させる懐の大きな物語の広がり。ネタで終わらない素晴らしい序章と言えると思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました