シブいおじさんが出てくる恋愛モノを書きたいのにリアルにはおバカなネタしか転がってなくて途方にくれてます

作者 弦巻耀

23

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ご本人のおススメもあり、手に取った作品でしたが、これがなかなかどうして、ドツボにハマるほどに面白かったのです。

おじさんとオッサンの違いがよくわかるし、女性が求める本当の『おじさん』というものがリアルに存在していない種のものであるのもよくわかる内容でした。現実って痛いよね……そう思ってやまない現実のお話にぼくは腹を抱えて笑いました。

しかし、これ。同時にヒントでもある。

女性。そして無類のおじさん好きがこんなおじさんを探しているんだというのが明言されており、ああ、なるほど。こういうのが女性の心をくすぐるのかと思わせるネタ満載。

こういう理想のおじさんになれば、そうか、若い女性との恋もできちゃうかもしれないのかとチャンス到来な予感がビシバシ伝わるわけなんです。

世の中のおじさんたちよ。
この世も捨てたもんじゃない。
さすれば磨かれよ、これを読んで、今日明日から女子のハートをメロメロにさせるダンディースマートなおじさんになってやろうじゃないか!!

おじさんを格好よく描くためにはどんな状況、要素が必要であるのか。おじさんを描きたい悩める作家さんたちにもヒントが詰まっているかもしれないエッセイ。

ちょっと息抜きがてら、読んでみるのもいいかもしれない(笑)

★★★ Excellent!!!

こういう設定で小説を書きたい。
それを叶える上で、作者さんの自身の体験談をどのように活かせるかの試行錯誤について、面白おかしく纏められたエッセイ。
別作品でもそうだったんですが、この方は本当に、自分の体験したことを読者に伝え方が上手だなあ、と。
自分の体験談も、設定を考える過程も、なんだかとっても楽しそうに見えちゃうんですよね。
量が溜まったら、どこかで本出していいレベルだと思います。
いろんな意味でオススメです。

★★ Very Good!!

これを読む前に、まずは『カクテルの紡ぐ恋歌(うた)』を読むことを強くお勧めします!
あの素晴らしい作品がどのような思考から生まれたのか・・・
そこにあるのは世俗的なおじさんたちの生態と、そこから逃げるように高みを目指す妄想。
そう!妄想こそ創作の原動力!!
やはりそれは全ての書き手の共通項なんだなと少し安心しました^^
一方で、年齢差と「おじさん」という感覚の関係など、創作だからとおざなりにせずにきちんと分析して設定に反映させる姿勢は、なるほどだからこそあれほど真に迫ったストーリーが生み出されるのかと納得させられます。
「ボツになった理由」が続いた後、いよいよここから物語の舞台に直接結び付く裏話が明かされていくのか、日垣一佐というキャラはどのように出来上がったのか、本編ファンには先が待ち遠しいご褒美エッセイです!