名探偵ぷりん――あたちのぷりんたべたのだぁれ?

作者 おおさわ

124

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の女の子は、とっても可憐で、ちょっと天然で、おませで、しっかり者で。
…ん??それにしても、なんか変かなあ…?
たくさんのことを想像させる、とっても楽しくキュートな物語です。

幸せな家庭って、こんなふうに作られるのかも。そんなことまで考えてしまう、幸福感のたっぷり詰まった作品。クスッと笑って温かい気持ちになりたい方に。おすすめです!

★★★ Excellent!!!

 楽しみに取ってあったプリンの消失。
 この一大事件の謎を解くのは、幼女探偵。
 これ以上はネタバレになるので控えますが、とにかくあったかくなります。
 この冬休み、あるいは通勤時間にこの謎を解いてみてください(レビュアーは解けずじまい)。

★★★ Excellent!!!

名探偵が失ったプリンを探す話です。

ちょーかわいかったです(笑)!

推理力がいいですね!

お母さんはダイエット中で、食べられないなど、思わず唸りました。

オチもグッド! こちらは予見できましたが、終わりを彼らに変えたのは、いい読後感に誘ってくれました。

良作です、ありがとうございます!

次の話にも期待して星三つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

作風が内容と完璧にマッチしており、こんな幼稚園児が単純に『いない』のではなく、『いるようでいない』という具合に工夫が凝らされていたのが大変秀逸でした。『いるようでいない』にしないと、ご作品の内容に適さないのはご覧いただければ分かります。ともあれ、この短い文章の中でも学べる点が数多くあり、実に見事な力作でした!

★★★ Excellent!!!

あたちは、近所でも有名な名探偵なの。
冷蔵庫にあったぷりんの行方は……?
食べた犯人は……?
どんなにむずかしい問題でも、パパッと解決!

……という話ではありません。(笑)

可愛らしい!
ですが、ただの可愛らしいお話では終わりません。
作者様が、おおさわさんですから。

ほっこりして、幸せな気分になりました。
オススメです!


PS:タイトル&キャッチコピーが、まずウケました。
それだけでも、既に面白かったです。

★★★ Excellent!!!

犯人が◇〇△だったなんて!!
とかそんなアレですが、なんだろう、こう子持ちの身としては「わかるぅ」な雰囲気満載でして。

そして世のファーザーというのは、どうして自爆するようなネタを仕込んでしまうのでしょうか。それが男親のサガというヤツなのでしょうか。

とりあえず、合掌。

★★ Very Good!!

読んでいて思わずほっこりしました。
普段殺人が起こったりな本格ミステリィばかり読んでいますけど、こういうほのぼのな日常の中でのちょっとしたミステリィというものも良いものですね。
作者さんの優しい人柄が随所に滲んでいます。
ぷっちんなプリンを食べたくなりました。

★★★ Excellent!!!

短編では短い文章で世界観や雰囲気を表現しなければなりません。
それをうまく表現できていると感じました。癒しの空気を感じたのです。

短編の難しさの一つに「落ち」があります。これは重要で読者の想像を超える必要があると思います。
その難しさも見事にクリアしている、と思います。

内容に関しては幼い主人公が事件を解決するため、奮闘するという内容(?)です。
しかし、事件はたった数行で解決。その後の展開を楽しむのが、この作品の魅力でしょう。

本格ミステリーではありませんが、片手間に楽しめる作品かと。

最後に、続きが気になりますね!(笑)

★★★ Excellent!!!

可愛らしい事件に可愛らしい名探偵。プリンを食べた犯人探し、どうなるのかと先を読まずにはいられなくなる物語でした。幼い子供の行動がとても可愛いのに、その心理描写は大人で、そのギャップが謎をさらに深めていきました。あれ?これはもしや?と思いながら最後のオチにしてやられたと思わずにはいられませんでした。心が癒されるような笑いと愛に溢れた作品でした。

★★★ Excellent!!!

可愛い!とにかく可愛い!まずその一言を伝えたい!
主人公がまだ小さな女の子。挙動一つ一つがキューティクル。必死に自分のプリンを探すその姿はまさに天使!
そして、最後に迎えるオチもなんとも微笑ましいです。もう悶えちゃいました。まだ読んでない方は是非ご一読を!

★★★ Excellent!!!

 目が覚めたら、幼稚園の年長さん並みに体が小さくなっていた『あたち』。彼女は3時のおやつであるプリンが冷蔵庫からなくなっていて発狂するが……。

 密室にクローズド・サークル、推理する『あたち』。
 え? ちゃんとミステリーしてるっ!? なんて読み進めていくと、ははぁ、そうきましたか、と膝を打ちました。

 子煩悩なパパでよろしいのですが……『童偵オナンくん』ってっ! そのセンスは疑わしいぞっ。

★★★ Excellent!!!

『おねえちゃん』による微笑ましい名探偵ストーリー。プリンを食べたのは誰なのか、この可愛い女の子が推理してくれます(棒)。
 そして明かされる答え。これには「あ~」と納得するしかなかったですよ。いやぁ、これは可愛すぎる。

 可愛い幼女を堪能したい方、ぜひ読んでみて下さい!

★★★ Excellent!!!

なんだおおさわさんか←

開始数行で犯人判明……これは恐らく古畑◯三郎のオマージュ……?(違)

可愛らしい幼女先輩が大人びた口調でぷりん泥棒の犯人を捜査する様は微笑ましく、なんだか癒やされてしまいました。
しかしオチの部分で「はぁー、なるほど!」とさすがの技術も出してくる辺り、作者であるおさわさんの筆力を感じることができます。
バカミスですが、楽しめる作品です。

……強いて言うなればこの作品の存在そのものがミステリーか……?(違)