オーガニック死霊のはらわた

作者 枕目

502

195人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読みやすさと冒頭のひきつけの良さのままものすごい展開になって最後まで一気に読めた。後健康志向のデブがしばらく平気だった理由やそれについての罵倒が笑えた。健康とはなんぞや、精神も含めて健康なのではないか、そんなことを考えさせられる作品。単純に読んでて楽しい。文章のテンションが高すぎるせいか、オチも含め笑って読めてしまう作品。スプラッタすぎるとかおどろおどろしすぎる心理描写がない(ある意味両方あるといえばあるが)から、ホラー入門としてもいいかもしれない。(※このレビューは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。)

★★★ Excellent!!!

理屈抜きで面白いとタイトルに書きましたが、ゾンビの設定には大黒柱の様に立派な理屈が一本突き抜けています。だから、ストーリーにブレが生じていません。
これは是非動画で見たい作品。実写よりもアニメの方がバカバカしさが出て良いかも。でも、作品自体は全く馬鹿にできません。
作品名だけを見た最初、ゾンビを喰う小説かと勘違いしていましたが、正統派のゾンビ小説。症状が、全く想定外の症状で、そこが笑えます。
短編にはMAX星2つが信条なのですが、これは星3つだと思いました。

★★ Very Good!!

短めで休憩時間に最後まで読み切れるお話です

斜に構えた主人公の視点で描かれる健康的恐怖!
方向性は真逆なんですが読んでいてアメリカのバーガーチェーンHeartAttack Grillがやっている悪ふざけを連想しました
それと同種の、極端へ徹底的に振り切った感じが面白かったです

ゾンビモノの核心、感染については現実と虚構のすり合わせがサイエンスフィクションらしい丁寧な作りで、笑い転げながらついてきている読者を大事にしてくれています

他の方も言及されている通りB級ゾンビモノ的な演出にも、もう本当に息が詰まります、笑いで
終盤、ドクターとのシーンはバイオハザードを1ppbぐらい思い出しつつ全然違う状況にまた笑えて仕方ない

ネタバレなので反転です 下から上へ読めます

!どれけたしで璧完てくしら物ビンゾに正はり取りやのと公人主えいはと
かうょしでんたっなくなれらえ抑がのな的求欲のへ康健えいはと種原
うょしでんたっゃちっやいぱっいツケバ故何がータクドたっだめえ抑が状症
葉言め褒(いどひものな題放いたりやうも、どな詞台の」!だんるてっがたび叫が心「のータクド、かとんなスデ・ンアリゴンモ、らか」ぞいなゃじルベレてっう食のも「、くなはでけだけざふ悪のノモビンゾ級B

★★★ Excellent!!!

仕事前にふと目についたこの作品、時間の合間に読了しました。
菜食主義のゾンビですか。寄生系のゾンビって思っているよりも怖いなと思いました。
菜食主義にさせるなんていうシリアスから正反対のものなのに、より一層狂人染みた雰囲気を感じさせてくれます。そして何より主人公の必死さは物語の恐怖に拍車をかけてくれること間違いありません。

すらすらと読めるので軽く時間があるのなら是非一度、目を通してみてほしいと感じました。

★★ Very Good!!


ヨーグルトの善玉菌による……悪影響。

ゾンビ化というよりは、オーガニックヒャッハーな狂人達に追いかけ回されるという。

SF?
確かにホラーでは無いです。

野菜が好きになった気持ちと肉が嫌いな気持ちが分かりやすく書かれていて面白かったです。

クライマックスに向けて、もうひと展開ほしいかったというのは読者のワガママでしょうか。

ネタの内容的に4話ぐらいの短編に凝縮させた方がスピード感も出て良かったかも知れませんね。私の好みですが。

ヨーグルト博士が良いキャラしてました。

★★★ Excellent!!!

肉食系の人間にとっては、この上ない恐怖! そしてホラーならではのポロリ(但し老若男女)もあるよ!
細菌によって細胞が作り替えられゾンビになるという設定はよく聞きますが、自分から健康の為に摂取していた菌が、体内から人間の思考を支配して思うが侭に操るという設定が斬新で個人的には大好きです。
しかも嗅覚までも操作できるとなると、最早対処の仕様がない気が……。これが世界中に飛び散らない事を祈るばかりですね。

★★★ Excellent!!!

タイトルを見た瞬間からもう笑うしかないですが、このノリで最後までスピードダウンすることなく、一気に読めました。
健康的な身体を得たゾンビと、どうにも情けない主人公たちの組み合わせが絵的に楽しかったです。
一見ふざけているように見える設定が丁寧に描かれていて、とても読みやすく、好感触でした。

★★ Very Good!!

 比較的短い作品ですので、内容に余り触れるとネタバレになってしまう為、シンプル極まりないレビューとなってしまいます事を先にお詫びしておきます。
 楽しく読ませて頂きました。
文章も調子良く読め、内容も「お約束設定」の逆という一発ネタを、上手に発展させてあり、纏まっていて面白く感じました。
 例えるなら、替え歌という遊びがあります。
あれには、何でも良いから取り留めなく言葉を滑稽な物へ入れ替えるタイプの小学生的替え歌と、一つのテーマに基づいて意味の通るように言葉を当てはめていくものがあります。
この作品は後者で、ゾンビモノを菜食主義というテーマで上手く替えてあり、納まりが良いです。
 良い意味でさらりと読めるので、ゾンビモノが好きな方などは読んでみてはどうでしょう。

 このテーマなら、もっと長く書いても面白かったのではないかと思います。
盛り上がる面白い設定だっただけにあっさり終わってしまって残念、拍子抜け、という気持ちがありますが、逆に言えばそう思わせるくらい楽しく読めたという事でもありましょうか。
またそれに付随して、人物容姿や建物、動作その他の描写も結構あっさり目で、まぁこの長さの作品なら丁度良いといえばそうなのですが、もう少し描写があっても良いかな、と私の個人的な好みからは感じられました。
 兎も角、上質で軽妙なゾンビモノパロディでした!

★★★ Excellent!!!

 非常に軽快なテンポで物語が進み、爽やかな読後感に心が満たされました。大笑いしました!

 「人間のゾンビ化」が発生しているにも関わらず、その原因と対処法が極めてバカバカしく、そしてラストがハッピーエンド(?)なオチになるという、コメディホラーの王道を淀みなく真っ直ぐに進んでいる、実に楽しい作品に仕上がっています。
 また物語序盤の書き出しの僅か2行で、本作のトンチキ極まる世界観を見事に表現している作者の筆力の高さにも脱帽です。

 本作は実に見事なギャグ構成と、そしておバカ極まる登場人物たちのドタバタが非常に面白おかしい逸品です。読んで損はないと断言出来ます。本作を読み終えた貴方はきっと、乳酸菌の素晴らしさを、心ではなく、魂で理解する事が出来る様になるでしょう。そういう意味でも、本作はオススメです。

★★ Very Good!!

まさにB級。ネタが楽しいうえ、感染の流れがちゃんとSFしてる。この説得力は、普通のプロ作品のゾンビものが怠けてるところを、きちんと組み立ててる。
ただ、そこでやり尽くしたのか、オチが唐突なうえ弱いのが難点。オチさえいい感じなら、自信をもってカクヨム読んでないゾンビもの好きの友達に勧められるのだが‥

★★★ Excellent!!!

題材にもよく使われるゾンビではあるが、よく使われるゾンビとは勝手が違う。
「なんだこのゾンビは!!!!!!!!」と思わずにはいられない。

使われやすい題材、つまり、読み手が受け入れやすい題材の中に、自分だけの発想をプラスすることで、更に面白さが増すことを、読んでいて感じたし、勉強にもなった。

スクロールする指が止らない。

★★★ Excellent!!!

まあ、そういう話です。人間なんて所詮遺伝子の乗り物で、我々がわれわれ、と思ってる何者かも、所詮は乗られている、馬車で言ったら馬の部分で、乗り手の意志には逆らえないわけです。進む方向は決められない。だったら乗り手が変わってもいんじゃないの? 幸せならそれで。そんなことを思いました。いい話でした。

あとこのゾンビ化の理屈は結構いいんで、そこだけでもぜひ。