ロックンロール・ヴァンパイア

作者 真野絡繰

物語と音楽に対する情熱が溢れ出してくるような作品

  • ★★★ Excellent!!!

私は音楽というのが(特に演奏に関しては)得意ではないのですが、この作品を読むと、何だか胸のあたりが熱くなってくるのを感じました。

月並みな言い方ですが、情熱を感じたのです。

コミカルなシーンもあれば、シリアスなシーンもあって、非常にテンポ良く、文量を感じずに読むことが出来ます。
優れた文章であることは間違いありません。

ですが、それ以上に一つのセンテンスごとに作者の想いのようなものが伝わってきます。
それこそ音楽のように、身体を揺さぶる情熱が。

皆さんにも、是非それを体験して戴きたいと思います。
良作。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

武道館で行われた『Bloody』のライブの帰り道、『Bloody』に憧れれるベーシストの少女ミリは、とある事件をきっかけに『Bloody』と出会う。
そして、ミリのベースの腕に目をつけた大空と大地―… 続きを読む

雪車町地蔵(そりまち じぞう)さんの他のおすすめレビュー 191