探査機はやふさ9号(有人)

作者 おてて

ひとりぼっちの楽園

  • ★★ Very Good!!

舞台は広大な宇宙ですが、ロマンやスリルよりもむしろ淡々と進む「日常」に重点を置いた内容となっています。
たった1人で日々を過ごす主人公の、ともすれば冷静沈着にも見える「平凡」な日常の捉え方が独特な雰囲気を出している、ある意味将来起こりうるかもしれない作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

腹筋崩壊参謀さんの他のおすすめレビュー 372