ナーサリークライム Re;bake ~森屋帝司郎の犯罪帝王学~

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

91

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

美しき女刑事――斑目壬澄と『犯罪王』を名乗る少年――森屋帝司郎によるミステリー小説。

このミステリーの最大の特徴は、超常犯罪なる不可能犯罪が存在するという事。
こういった未知の犯罪はミステリーではタブーと言われている。理由はそんなのがあったら何でも出来ると。
しかし読んでみたらどうだ――ただ超常犯罪に頼っている訳ではない。それはあくまでちょっとしたアクセント。むしろそのアクセントがある事で、一連のストーリーが夢想のような空間を醸し出してくれる。

読むとそう感じて、何と言うか不思議な感覚を与えてくる。その不思議さを味わおうと、続きを求めたくなる衝動が感じられる。そう思わせる作品です。

後最後、オネショタ(壬×帝)はええぞ?

★★★ Excellent!!!

――

一人の刑事が断崖絶壁の孤島で殺人事件に遭遇するミステリーです。

今回のお話、非常に引き込まれました。

まず第一にキャラクターが非常に立っており、会話だけで誰が話しているのかが読めるのです。その読みやすさが見事にストーリーを作りあげ、回答編まで誘ってくれます。

ダンガンロンパというミステリー形式のゲームが存在するのですが、それと似た感動がありました。また実際に人が介在できるレベルを超えた超常現象もリアリティに富み、探偵の解説編も嬉々として楽しむことができます。

是非、多くのミステリーファンに読んで頂きたい一品です。

あなたもご一読を!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

不可能事件と百の卵、猟奇殺人犯の幽閉された館、森屋帝司郎という探偵にあるまじき名前の探偵。

そんな魅力的な設定が怒涛の勢いで出てきて、気付いたら流されて読み終えていました。

続編楽しみにしています。


さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

作者は、凝り性である。

作品全体を包む独特なムードを味わえば一目瞭然だが、
それはたとえば、キャラたちのネーミング――

斑目壬澄、紅奈岐美鳥

あたりからも、容易に想像できる。

つまり、作者は「いちいち、こだわる人」なのである。

そんな作者がモノにしたのは
耽美的なムードに包まれた、独創的な作品。

「荒天に閉じ込められた孤島の洋館」

という使い古された舞台を用意しながら、
そこを逆手に取って、独創的な物語を展開してみせた。
しかも、わずか3万6000文字で。

ぜひ、このユニークな世界を
詩的な文体とともにお楽しみあれ!

★★★ Excellent!!!

――

実行不可能なはずの犯罪。
それとも超常犯罪?
読んでいるうちに騙し絵のような小説の世界に取り込まれてしまいます。
とても絵画的で想像の斜め上を行くような不思議な話でした。
私は小説を読みながら、絵にしたときの演出を思い浮かべて悦に入りました。
もしかしたら、人を選ぶかもしれませんが、ハマる人は絶対ハマります。
気になる方は是非読んでみてください。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

推理小説ではありません。
題名通り「ナーサリークライム」です
私も推理しながら読みましたが、見事に騙されました
ミステリものはネタバレになってしまうので述べにくいですが、定説を捨てて挑んだほうがよいと述べさせていただきます

★★★ Excellent!!!

――

ドラマや映画のように、情景や登場人物一人一人の様子が目に浮かんできました。
ただ、その時点で私たちはだまされていることがあったりして、映像化する際にはそこが難しいところだな、と思いつつ、とても楽しみであったりします。思わず、映像化が決定しているかのような感想を書いてしまいましたが、それくらい面白い小説でした。

文章のミステリーが苦手な方でも、ドラマなどを見るような気持ちで読めると思います。
内容はネタバレになるので言えませんが、我々が物語の中に感じる常識をどんどんと壊していく様子にとても驚き、また爽快な気分になりました。
主人公の5年前の話もいつか読みたいと思いました。

★★ Very Good!!

――

 清涼院流水や西尾維新に連なる、ミステリーではなく、ミステリ風のファンタジー。ぶっちゃけ不可能な犯罪を、キャラ力でそれっぽく演出する。細かいツッコミはヤボでしょう。面白かったが、ラストの超能力は、少し反則か。あくまで屁理屈で突っ走ってほしかった。

★★ Very Good!!

――

不可能犯罪?ないない。不可能犯罪こそ不可能だよ。必ず人による犯行……って本当に不可能犯罪だったよ!

丁寧な物語の運びに何一つストレスを感じずに読み進められました。事件発生時の描写が残虐で不快に思う方もいると思いますが、ミステリーに慣れている方には問題ないでしょう。僕は「この殺害方法は裏が必ずあるはず」と思って読み進めました。
そして、最後に登場した人物の意外な正体。

事件の犯人は一体誰か。その殺害方法にどんな意味が。

あなたも、「不可能犯罪」へ挑戦してみませんか?

★★★ Excellent!!!

――

絶海の孤島で起きた、超常犯罪あるいは不可能犯罪と呼ばれる事件に巻き込まれた女刑事、斑目壬澄。
普通に考えたら起こり得ないような事件の真相やいかに……。

ミステリーの楽しみの一つに騙された! という快感があります。
「ありえない」が「ありえる」に変わる瞬間、あなたはきっと騙されることでしょう。

最初から最後まで読者を楽しませてくれる物語です。
ぜひご一読を。


★★★ Excellent!!!

――

不可能犯罪。
その言葉に心の踊らないミステリー好きなんていないはず。

そんな不可能犯罪の起こったクローズドサークルでのミステリーです。
一見不可能に見える状況でも、必ず答えはあるのです。

しかし、一歩真相に近づく度に、新たな手強い謎が出現します。
そしてラストに待ち受けるのは、まさかの……。

皆さんも、この不可能犯罪に挑戦してみてください。

★★★ Excellent!!!

――

ミステリー小説なのにミステリーじゃない。そんな言葉が思い浮かびます。超常的な存在を追いかける主人公の立ち回りと、次々に起こる事件にはドキドキさせられっぱなしでした。

このまま推理でエンドかと思っていましたが、まさかのバトル。

飛び入りの登場人物や、各キャラクターの個性も相まって読んでいて非常に飽きない展開でした。面白かったです。

物語の中で仕組まれたトリックも圧巻で、読んでいた私もすっかり騙されました。こういうのが読みたかったと思えるような作品です。

この作品を読まれる方は、是非トリックを解いてみてください。きっと騙されますよ。

★★ Very Good!!

――

流暢な語り口、耽美な世界観の中で起こる超常犯罪劇!
物語の中へとするする誘われ、飲み込まれ、きっと二回は騙される。

作者の高い文章力によって端々に仕掛けられたトリックのオンパレード!一単語、一文字たりとも見逃せない。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました