星の舟

作者 山本弘

64

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

超テクノロジーを無駄な事に使う。これこそが文化じゃないですか。
これはまさしくそんな話。子供の小さな夢が空を飛ぶ。ちょっとしたアイデアからここまで話を膨らませられるというのは凄いセンスじゃないかなあと思います。ほっとするようなお話でした。

★★★ Excellent!!!


科学考証をすれば、もしかしたら理論には穴があるのかもしれない。
しかしそんなことなど、一読者としてはまったく気にならない。
むしろこの通りなのではないかと信じ込んでしまう説得力を有している。

そして肝心のストーリーが素晴らし過ぎる!

日本のお祭りにある○○流しとか、雪洞とか、そういうのに通じる神秘的な光景が、宇宙規模で広がっていくことが容易に想像できる文章。

この作品には、鳥肌ものの感動がある。

もしも僕がグラフィックを勉強していたら、『ラストシーンを映像にしたい!』と本気で思っていただろう。

★★★ Excellent!!!

 やれロボットや、やれ宇宙といった派手さが固定概念として頭にあるSFというジャンルの中において、人の営みを豆腐を切り取るが如く、スッと切り出したようなお話。
 台湾のランタン祭りをさらに昇華させたような、願いを込めたモノを飛ばすという行為。実際本当に未来の子供たちがやっていそうなその光景はなんともいえぬ癒しを得られます。

 サッと読めて、読んだ後も実に気持ちが良いので是非読んでみることをお勧めします。

★★ Very Good!!

星2つ評価ですが、短編にはMAX星2つと決めているからで、イマイチという意味ではありません。
SFに分類されてますし、作者が作品紹介で説明している通り物理の理屈に立脚して描かれているのですが、極めて良質なファンタジーです。少ない文字数なので、教訓めいたものは無いですが、星の王子様や宮沢賢治作品の趣きがあります。
少ない文字数ですから、休憩時間には、缶コーヒーを飲むよりは、この作品を読む方が、気分転換になるでしょう。心の清涼剤です。