猟奇なガール

作者 高尾つばき

204

76人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 まずは、この物語のヒロイン。そのキャラクターが、実に魅力的ではある。

 そこを踏まえて読んでほしい。わたしは、おもしろく読めた。でも、正義感の強い人には向かないかもしれない。

 この物語に、ツッコミどころは満載である。寧ろ、ツッコミどころしかナイかもしれない。
 ヒロインのセリフは実にシュール、物語の随所にブラックな設定を挟み、そのすべてがカオスを構築している。
 追い求める姿は純愛? 追い詰める姿は犯罪? 極端に美化するつもりはないが、そこがまたおもしろいのだ。

 判断は、読者の皆さま!
 わたしは、ヒロイン≠作家さまであると信じたい?

★★★ Excellent!!!

猟奇的と表現するのが世間一般では正しいのでしょう。筆者様のタイトルでも銘打っておられますように。

確かに常軌を逸する趣向と愛情の片鱗を、読者に対して主人公のつばめ嬢は語ってくれました。

ただ、私には切なくて悲しくて仕方がなく、それ故に彼女が愛おしく映ります。
回りくどい表現を無くせば、"哀れ"に思えてしまったのです。
この感情は差別的である。
否定は出来ません。


彼女のその先に行き過ぎた言動があれば、もしくはあらずとも、それはいけない事だよ、と遠からず伝えられる事になるのでしょう。(法を犯すのは罪であるため)


しかしながら一つの真理として皆様に申し上げたいのは、
愛に決まった形はないという事です。


彼女が示すのも一つの愛の形です。

このように育った背景に、両親からの目に入れても痛くないほど愛があった。
それは物語の中ではつばめ嬢の主観でしか描かれておらず、読み進めていくうちに、非常識な両親である事が伺えます。
そうすると彼女の感じた両親からの愛は、
客観的事実としては本当にあったかどうかは、読者は想像するしかありません。
そう考えると、ちょっとミステリーチックですね。

さて、筆者様の数ある作品で描く、純真無垢な愛が世間一般の普通か否か、違いはあれども、真っ直ぐに生きてきた彼女に対して抱く感情は多種多様でしょう。

私は彼女の白さに胸が苦しくなりました。

貴方様はいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

トントン拍子に、つばめちゃんの世界の中に入っていく感じが奇妙で爽快でした。
素晴らしかったです。
江戸川乱歩先生を愛し、日野日出志先生の漫画を寝物語に成長したつばめちゃん。
愛する彼氏のために日野日出志先生のメモ帳に陣中見舞いを綴る、などなど、好きなシーンがありすぎました。

作者様の世界観にどっぷりハマります。

★★★ Excellent!!!

この作品で笑えるのであれば……逆に笑えないのであれば……

ふと自問自答してしまう作品です。

そう読み手の性格を試されているような、率直な心理テスト。もちろん私は笑えない類なナマモノです。好きとは言えない作風ですが、その世界観の構成力。読み手を引き込む文章の力。私小説と銘打って執筆されている技法の数々に評価さぜる得ません。私の小さな個人的感情よりも作品の魅力と執圧が勝ったと言わざるおえない良作です。

つばきさんの才能に嫉妬してしまいそうです。

★★★ Excellent!!!

他の追随を許さないキャラ設定。
世界観。語り口。

ツッコミどころ満載の「つばきワールド」炸裂💣でございます。

奇怪なオジョウサマだけれど、文面からは親しみすら感じてしまう。
うーん。でも実際にお友達になれるかというと、うーん(笑)。

とにもかくにもつばきちゃん、もといつばめちゃんキャラに「ドはまり」でございます💕

★★★ Excellent!!!

突き抜けた猟奇的キャラクターを生み出す作者様が、ご自身をもキャラクター化させてしまった笑撃…いえ衝撃的な一作です。
狂気と正気は紙一重。
この作品を読めば、彼女の正気に引きずり込まれ、まんまとつばきワールドにはまりこんでしまうこと請け合いです!

それにしてもこの私小説、読んだだけで強烈な匂いがスマホから漂ってくるように感じるのは気のせいでしょうか…。

★★★ Excellent!!!

猟奇的な女のナレーションで始まる物語です。

高尾さんのお話は何度か読ませて頂いているのですが、一番の長所はキャラクターですね。

芯がぶれないキャラクターを作ることで、物語が不安定になったとしても、まっすぐに行動して、見ていて気持ちがいい。

その中でも今回の話はかなりのイロモノでありますが、彼女の奇行を笑いながら許してあげられるのであれば、それはもうあなたには資質があるといえるでしょう!

是非、この短編を読んで自分の内面を覗いて見てください。

次の話にも、期待して星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

怖いです。
ちょっとびっくりしたくらい怖かった!
猟奇的。本当にこの言葉がぴったり。

そしてそんな彼女の周りは、それ、本当に大丈夫? ってことばっかり。
思い込みも凄すぎて、犯罪すれすれというか、もう既に犯罪だと思うんです。家族そろって。

でも何て言うか、何でも悪い方へと考えてしまいがちな私から見たら、ポジティブで前向きで、全てにおいて肯定的に捉えられる彼女が、めちゃくちゃ怖いけど、凄く素敵であるとも思いました。
本人は、とっても幸せなんだろうなって。

いやほんと、ヤバすぎるけどね☆

★★★ Excellent!!!

ツッコミどころ満載な猟奇的ガールの一人称形式小説。

妄想彼女は弾けています☆
こんな彼女が近くにいたら怖いのに、このお嬢様のポジティブ思考で、どこか微笑ましさ(注:失笑ではございません)まで感じさせます。

名古屋人の私は、鶴舞線の駅名が出てきて、大体の場所をイメージしながら読めました♪♪

★★ Very Good!!

乙女の恋愛もの(ということにしておきます)。

一人の女性の日常にスポットを当てた作品ですが、その日常がぶっ飛んでおり、読んで唖然としました。フツーに怖いよ! 

この作品は一人称でなければ成り立ちません。その限られた、そして偏った視点により、作品自体の味付けが濃くなっている印象です。それ故最後まで一気に読めてしまう作品です。これはなかなか、興味深い内容でした。

★★★ Excellent!!!

必要以上にセレブであることを意識した語り口調や妙なところでのこだわりと、セレブに似つかわしくない言動が
ものすごい化学反応を起こして、たいへん面白い作品になっていました。
語りと内容の面白さで、読み進めることがとても楽しかったです。
思い込みってすごいですね。
「猟奇的」というネタだけで読ませることが出来るのは、センスと文章力の高さの証だと思います。

★★★ Excellent!!!

素晴らしいプラス思考……と言ってもいいですか?
きっと彼女に出会ったら、小さな悩みはきれいさっぱり消え去ります。
そのかわりに、違う感情は生まれそうな気はしますが…。
幸せって、その人がそう思ったら幸せなんですよね。
まったくブレない作者様の書き様、ブラボーです。

★★★ Excellent!!!

おお……強烈っ!!何もかもが!!
しかもそんな自分を一切疑わず、揺るぎない自信を持つ主人公。もはや誰も止められない…無敵な猟奇的ガールがまかり通る!!

これ以上は語るまい。別世界で幸せに暮らすこの美少女の日常を、確と見届けるしかありません!!

★★★ Excellent!!!

 素晴らしい女性がいるとの噂を聞いて、参りました。
 予想を遥かに超える才女でございました。
 元より持つ才能とご両親からの英才教育により磨かれた感性!
 その眩しいばかりのセンスに多くの方が魅力されるのも頷けます。
 そんな素晴らしい女性が描く作品は我々庶民には想像もできない世界を見せてくれることでしょう。
 非常に有意義な時間でございました(^_^)

Good!

閲覧者に忠告させてもらいます。「猟奇なガール」の読後に近況ノートをお読みください。そっちの方が身近で凄く面白いです。他の作品は未読なので、何とも言えません。
この作品は、私にはちょっと・・・。でも、主人公の言葉遣いは筋金入りです。創作ではなく、作者の身についているようです。現実世界で作者と会話してみたい誘惑に駆られます。
また、作者のギャグのセンスはピカイチですが、本作品では猟奇路線で展開させているので多少空回り感があると思います。一方、近況ノートの方は抜群です。
もし、近況ノートの内容が小説としてアップされれば、星3つを進呈させていただきます。

追記
たった今、続編の「猟奇なドール」に気付きました。そっちも読んでみます。

追記2
現在、「猟奇なドール」の1節目を読み終えました。「猟奇なガール」は単なるプロローグだったのですね。そう解釈すると、この作品の評価が上がります。だから、「猟奇なドール」の途中で此処に戻ってきました。星の数を増やすべきか否か。でも、この作品だけを読んだ時点の評価も、ある意味で正統。だから、コメントの追記だけで、「猟奇なドール」に再び行ってきます。

★★★ Excellent!!!

自分にだけ忠実で自分の理想こそが正義の猪突猛進なお嬢様の物語。
他人のことは全て自分に都合良く考え毎日がポジティブ。その性格はやっぱりお父様の影響でしょうか。つーか、本作で一番の傑作キャラは父親ではないかと(^-^)まあ、お嬢様も負けてませんけど。
読み始めたら途中で止まらない。あれよあれよという間に読み切ってしまいました。凄く面白かった!

★★★ Excellent!!!

他の方の近況ノートでのやりとりをお見かけして、この方の作品絶対面白いと思ってました。

でも今は時間がないので、もう少し時間が出来るまで我慢しようと思ってましたが……我慢しきれず読みに来てしまいました。

今はつばき様の近況ノートが面白過ぎて止まりません。

忙しいんです。時間がないんです。
誰か止めて下さい(/≧◇≦\)

★★★ Excellent!!!

最初は普通に読み進めていたのですが、途中からまんまと作者様の描く世界観に浸かってしまいました。どっぷりと。笑

かなりズレた思考(こんな言葉ではまとめきれないですが)のぶっとんだお嬢様、面白かったです!

徹底したキャラクター設定で、最後まで楽しく読ませていただきました。

★★ Very Good!!

ずっとハイテンションで語られる美人の話かなと思ったら、読んでいくうちにこの女性の恐ろしさに気が付きました。
主人公が早口で全部言っているような印象を抱かせる文体であり、一気に読んでしまいました。
これを現代ドラマに入れている作者のセンスにも・・・・
ホラーじゃないのかと思いつつ、ネタバレになるのでその選択も間違っていないのではと思いました
面白・・・いいえ、恐ろしかったです

★★ Very Good!!

ただの美女じゃなかった。蟹のくだりでちょっとおかしいな? と思いはしたけど、そういう問題でもなかった。こわい……こわいよ……。猟奇っていうか……。
なんだかんだ、こわいものみたさで読み切ってしまいました。短編読み切りでよかった。彼女を長編で読んでたら間違いなくラストがえらいことになりそう。

★★ Very Good!!

お嬢様調の語り口で、これでもかというほど標準からずれた思考が描かれている。
たいてい、なんか変だぞ、なんか変だぞ、やっぱりなー。
という魅せ方をしてくるものだと思っているこの手のパターンだが、この作者は最初からズレ、猟奇をこれでもかと見せてくる。

冒頭の漁船に関する言い回しがすごく素敵です。ですますであれば文章にくどくどしさを感じてもいいはずなのにそれがないのは、ネタと情報を整理整頓したうえで書かれているからかなと思います。

確かにラブコメディ。
面白い。
鼻をつまみたくなるくらい(褒め言葉)面白い。

★★★ Excellent!!!

 ツッコミどころ満載で、どうしよう、お嬢様にときめかない(笑)

 罪深い女だな、と頷いたら、本当に罪深かった、いや、何を言ってるのか自分でも良く分からなくなってきたぞ、これが猟奇か。

 せめて執事が! 執事がいれば! と握り拳で、楽しくツッコミながら読ませて頂きました。
 ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

猟奇も此処までくると立派なホラーだぜ!!
御嬢様の努力が斜めどころか120度ぐらいに折れ曲がってぶっ飛んでいる気がします……(遠い目)
彼女の(重過ぎ&狂った)愛に彼が気付いた時、始まるのはラブストーリーか、それとも逃避行か……。後者なら御嬢様に捕まるに一票です(真顔)

★★★ Excellent!!!

読み終わったときには茫然としていて、これしか感想が出てこなかったくらいでした。

これすごい!
人を選ぶかもしれませんが、ぜひ読んでほしいです!!

猟奇とありますが、ホラーではなくギャグです。
それもツッコミ皆無のボケ倒し。まさにシュール!
ツッコミ成分不足して、酸素が足りない魚のように口をパクパクしてしまいそうな感じでありながら、何度も笑わせてくるものだから……もう本当にお腹が痛かったです。

そのギャグはセンスだけではなく、著者様は人を笑わせるギャグの技術をきちんと持っておられます。
短くてテンポ良く読みやすく、ちょっとした時間で笑いたい人には本当におすすめです。

あと最後に……最大の戦犯はママな気がしないでもない(笑)

★★★ Excellent!!!

9/24 再レビュー
 定期的に、まるで発作のような感覚で読みに来たくなる。
 まさに奇作中の奇作である。
 好きだ、その一言です。
 墓尾嬢、永遠なれ!!
 たぶん、世界はこの作品を中心に『猟奇ウィルス』に感染していくのだろう……


7/9 レビュー
 いやー、好きだー。
 シュールなネタなのに、ネタの荒ぶり方が半端ない!
 なんだ、このパワーはどこからくるんだ?わからんがとにかく好きだ。
 黄金のシュワシュワした飲み物を呑みながら読んでたら、逆流して鼻の奥が痛くなった(笑)

 このお嬢様にプロポーズしたくなったけど、お父さまに真夏のオホーツク海で蟹エサにされそうだから、泣く泣く諦めます(涙)