きのこたけのこ戦争

作者 ロッキン神経痛

121

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

国民よ立て!
悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!
たけのこは諸君等の力を欲しているのだ。


『ジーク・たけのこの里』
ジーク・たけのこの里
ジーク・たけのこの里
ジーク・たけのこの里
ジーク・たけのこの里
ジーク・たけのこの里



チョコ世紀0079
たけのこ・ザビ演説より抜粋

★★★ Excellent!!!

戦争とはとにかく虚しいもの、一度始めればどちらかが降参しない限り滅びるまで延々と続く……そんな争いの悲惨さを物語る作品なのは間違いないのですが、題材がかの有名なあの題材という事もあってか、やけに甘い味のものが飛び散ったり粉砕されたり、妙なシュールさも調味料として加わっています。

そして、中盤で触れられている、タケノコやキノコたちが信仰する「何か」。
彼らを終わりなき泥沼の戦争に駆り立て続けているのは、もしかして……。

★★ Very Good!!

長いときを経てなお終わらない『キノコorタケノコ戦争』。

人々の論争から始まり、それを元にしたこの小説は戦争という残酷さを描きながらも、そのあまりにもシュールで滑稽な可笑しさ(お菓子とかけてるわけじゃないんだから!)を孕み、時折クスリと笑わせる面白さがある。

ほとんど台詞がないにも関わらず最後まで読めるのは題材と作者様の文筆の素晴らしさゆえでしょう。

私はキノコタケノコ中立派だけど、これを読んだらタケノコを応援したい。

でもこの小説ではキノコは嫌なやつとはいえ、柄の部分を単体でカリカリかじるのも好きだから捨てがたい。

もちろん全体のほとんどがチョコで包まれたタケノコも捨てがたく、甲乙つけがたい……。

誰か!誰か私に神(製造主でも可)の啓示をくれー!私はどうすればいいんだーー!!⬅ジブンデキメロ

★★ Very Good!!

内容はシリアスで、表現も「本来ならば」凄惨なものなはずなのですが、かの有名な「キノコタケノコ」を使って擬人化するだけで、こんなにも印象が変わるとは…非常に面白かったです。

時折クスリと笑ってしまう表現はセンスが光っていました。
頭のなかではキノコタケノコの壮絶な戦争が浮かんでいるはずなのに、想像すればするほどニヤリとしてしまう。
キノコタケノコがシリアスになればなるほどほくそ笑んでしまう、不思議な作品でした。

Good!

それはいつから始まり、いつ終わるとも知れない果てしなき戦い。最初は単なる意地の張り合い。極々日常にありふれた小さな争いだった。しかしそれは時が経つにつれ大きな争いと成り、いつしか血を血で洗うような戦争へと発展していった。彼ら、彼女らは(キノコorタケノコ)こそが至高の存在であり、そして(タケノコorキノコ)など畜生にも劣る下劣な存在として罵り日夜戦いを繰り広げているのである。これはそんな争いの一幕を描いた物語である。





















▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪どちらかというとタケノコ派だけどさ、正直どっちもうまいってことで和平交渉すればいいのにとこの問題を見るたび思ってしまう。
























▪▪▪▪▪▪▪▪▪▪