どこにも行けない足

作者 詠野万知子

これは誰の物語か?(ネタバレあり)

  • ★★★ Excellent!!!

この主人公、かなり既視感がありました。
自分だけは特別だと思い込み、周りを見下すが誇れるような才能があるわけでなく、物事を自分の都合の良い様に解釈する。
主人公のこういった態度は極端かもしれませんが、少なからず経験がある人はいるのではないでしょうか。
だからこそ、主人公の浅はかさが痛いほど理解できてしまいました。

何者にもなれないから他人を心の中で貶す。
そういった意味では少女は他者を見下す自分が嫌になり、何者かになるために自殺という手段をとったのかもしれません。
主人公とああいった関係になったのは主人公に同じものを感じたから、自分と同じような性癖をもつ人間だったからなのではないかと思います。
そして、それは少女なりのメッセージだったのかもしれません。

最後の最後で飛び込まなかった彼は絶対に何者にもなれないでしょうし、あそこから動くことは出来ないでしょう。

ああはなるものか、と思わせてくれるお話でした。
(自殺幇助する意図は御座いません)


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

秋刀魚ゲキさんの他のおすすめレビュー 5