小火器についての資料

作者 天宮 悠

94

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

いやはや、参考になりました♪
恥ずかしながら私も、ミリタリー系の作品(と言っても、銃器ではなくメカニック中心)を書かせてもらっているので、戦闘描写に深みを増すことができそうです。

私を含めて、ゲームや映画で得た“にわか知識”を晒すのではなく、こういったモノを読み込んで作品の説得力を増すこともまた、評価されることの一歩になるでしょう。

グレネードのピンは、ちゃんと手で抜きましょう!(笑)

★★★ Excellent!!!

 実は私、元陸上自衛官でして、64小銃・89小銃・9mm拳銃を撃った経験があり、持っただけなら無反動砲(いわゆるバズーカ)も。

 こちらのお話ですが、資料としての価値もありながら、初心者にもなるべくわかりやすく書いておられます。画像がついていないのが残念ですが、そこはYouTubeなどでご覧下さい。

 まだまだ語り尽くせぬ所もあるでしょう。細く長く続けて頂きたいです。

★★★ Excellent!!!

 実際、私もその一人です。
実物やミリタリーでは無く、ほとんどゲームや映画での印象しかありませんでした。
悲劇的な情報が流れる昨今。創作に潜む落とし穴を、文章に込め矛盾と正解を教示して下さる作者様の知識の泉。

 銃器の知識のみならず、もっとも大切な安全管理についても語って下さる部分は、本当にありがたいと思いました。
銃を作るのは人間。扱うのも人間。物語に組み込むも人間。
それを実感する事が出来ました。
ありがとうございました。

★★ Very Good!!

自分の作品の中で『銃』を登場させたくなったならば、
この資料を一度通覧しておくことをオススメします。

漠然と知っている。知らないことがよくわからない。
そんな曖昧な状態の方って結構いると思います。

……すると、作品に登場させる時にも迷いが出たりするかもしれません。

銃火器を描写するならば、どうせならバッチリとキメたいところ。
その時にこの資料が役に立ちます。

さらに深く知りたい場合はググればよろしい。
まずは「自分が知らないこと」を割り出すのに、
非常に有用な資料だと思います。

★★★ Excellent!!!

映画や海外ドラマの刑事ものでおなじみの、あの小火器たちについての資料です。
短く読みやすく、必要なことだけが書かれているので創作の資料としてはもちろん、調べ物のつもりがつい脱線して読み物として楽しんでしました。
更新楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

これは素晴らしいです。わかりやすく銃の特徴を説明してくれる資料って実は少ないんですよね。極端にマニアックに走るか、あるいは表面的に触れるで終わるか。
挙句の果てに漫画などの間違った用法(ライフル構えるときに担いじゃったり)を作品に出してしまったらそれだけで離れちゃうファンがいるかも知れない。
銃器を作品に登場させるならば一読して損はない、いや、むしろ読むべき一編です。

★★★ Excellent!!!

 外国映画などでは欠かせない武器、それが銃。
 自作小説のネット小説に加えたいと言う方も多いはず。
 ただ、誰がどんな銃を持つかでリアリティはまるで違ってきます。
 携帯方法、構え、撃ち方、弾数……それぞれ一長一短というか特徴があります。
 描写力を高めたい方、外国映画やサバゲーが好きな方、自分が見知った銃がありかもしれません。