創作は深夜にすすむ

作者 汐凪 猗綺子 (シオナギ アキコ)

47

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

筆者の自虐ネタを含んだ創作への足掛かり話です。

ふと、目について読ませて頂きました。

この作品にはただ一人、筆者しか存在しないのですが、それなのに、とても興味深く読み進められるのは素直に彼女が感じたことを書いているからだと思いました。

誰しもが夢を見て、それに向かって行動する。

そんな当たり前のことを、彼女は赤裸々に教えてくれます。

途中からはネタをくれ、などと書いていますが、その表現もまた面白いw

彼女のエッセイの完結を願って、星3つ送らせて頂きます。

★★ Very Good!!

私好みの文体。
とてもテンポ良く読めます。

読んでいるのに、心をゆるせる人と、まったりおしゃべりしているみたいな感覚になりました。
そう、BGMにクラッシックをかけて。

作者さんのように教養はないですが、美しい音楽と絵画を一緒に体験しているようで、とても気分が良いです。

少しずつじっくり味わっていきたい不思議なエッセイです

★★★ Excellent!!!

難しいことは一切なく、「私も私も!」と言いたくなるエッセイです。
エッセイは作者自身の考えや思想に共感できなければ敬遠してしまうもの。
そんなこと気にせずに読めて不思議と創作意欲が湧いてきます。

JPOPや洋楽をBGMに選ぶ人が多い中、バロック音楽とは恐れ入りました!
試しに取り入れると新たな世界が広がるかもしれません。

ちなみに私もドラ○エはサントラほとんど持ってるくらい大好きです。

★★★ Excellent!!!

笑いました。
笑わせていただきました、のほうが正しいか。
創作はすべて妄想から生まれてくるんですよー。私も脳内映像化するし、ラジオドラマ風になるし、文字に書き起こすのは追いついていけないことは多々あるから、すごくよく分かります!!
もちろんドラマのようにロケ地もある。
みんなそうなんだ~、と思いました。

そういえば「はじめまして」ですね。

★★★ Excellent!!!

驚きました。こんな薔薇とヨーロピアンなカホリがするエッセイがまさか行かれずに書かれていたとは!
素晴らしいリサーチ力です。まるで住んでたんじゃないかと思う様な知識量。

ここまでの知識があるからこその創作なのだと思いました。

こんな物が素敵だ!とかもっと広まって欲しい!とかそういった愛を伝わりやすい形にするのが物語なんだと、そんな知らない世界や知識への鍵になる物語が読みたかったんだと思い出しました。

ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

Web作家初心者の私としては、なかなか拝聴する機会のない、他の作者さまがどのように小説を組み立てられているのか、などを公開してくれている作品です。

また作者さまの芸術への造詣の深さに唸らされます。
私はあまり知識がないので、スゴいとしか言い様がなくてお恥ずかしい限りです。。。

個人的な話ですが・・・
拝読して、ある部分では私が小説のアイディアを得るところと共通しているところも結構ありました。
私自身は小説執筆歴1年未満の青二才ですが、アイディアが降臨する(私は「天啓」と勝手に呼んでいますが)ところとか、寝ている間に夢からアイディアをもらったりするところとかは一緒だったりします。

★★ Very Good!!

こんばんは!創作あるあるぅ~と叫んでますが、あるあるなのです。うなずけるのです。
そうです。序盤はすらすらと書けるのです。がしかし、中盤でバタッと止まる。何作エタらせたことか!まあ、私は、プロット立ててないし、ラストを決めてないで見切り発車って感じなんですが。もっと楽しい創作あるある書いて下さいな。

★★ Very Good!!

 上品な文章で綴られた、物書きによる物書きエッセイ。文はどこか優美さを漂わせているのに、それでいて愉快な語り口なのはご愛嬌。

 まずタイトルの時点で深く深く頷いてしまったのですが、読み進めるにつれて、
「あれ……ここにもう一人の私がいる……」
 と実に不思議な感覚に襲われました(笑)
 身に覚えがある方、ひっそりいるのではないでしょうか。迂闊にもきっと、にやりとしてしまうはず。

 そして前半もさることながら、「音楽と創作」の熱量には目を見張るものがあります。
 是非ともこの調子でどんどん語ってください。

Good!

なんだろう・・・。
夢の話で今日気付いたことがあって・・・。

夢って不思議ですよね。
ありえない設定の夢だったんですけど・・・。
それが、何故かあたりまえになっていて・・・。
通常、電車にバイクのようにまたがり、ジェットコースタのようなコースを走る危険はないのですが・・・。
夢の中では、あたりまえに感じてました。
常識を覆す、夢とは一体・・・。

長々とすいません。

最新の更新の熱の入り方に笑いました♪