【連作掌編集】邪神耳袋

作者 甲斐ミサキ

78

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クトゥルフ神話について知識や興味がある人であれば、作者さまのより深い世界観を堪能出来る作品です。ジャンルはホラーとなっていますが、SF要素が強いという印象がある作品だと思います。

また私のようにクトゥルフ神話初心者でも、問題なく作品の世界観にのめり込むことが出来ます。怪談話として有名な百物語を意識していることも、怖いながらもどこか親しみを持つような作風を感じました。

★★★ Excellent!!!

あまりの不可思議さに、その話に聞き入るように読んでいたら最新話まで一気読みしてしまいました。背筋が寒くなるのにやめられず、なんだろう?どうなんだろう?と好奇心を掻き立てられるお話です。続きを楽しみに待ちたいです。それにしても世の中には科学的には証明できないような不思議な出来事が多いです。証明できないからこそ人の創造力と好奇心、探求心をくすぐるのかもしれません。

★★ Very Good!!

私は短編にはMAX星2つと決めているので、この評価ですが、1500文字程度で完成度の高い物語に仕上がっています。良い怪談ですね。怪談を書く際に、その現象を科学的に検証できない舞台設定が必要だと思うのですが、それを上手に設定されていると思います。
更に2話から4話まで読みました。今のところ、1話が最も好きです。
作者にお願いが有ります。振り仮名をもっと増やしもらえませんか?そうすると、作品をもっと楽しめると思うのです。