間違えやすい日本語表現

作者 澤田慎梧

小説を書くには正しい日本語力が必要。知らなかったではすまされない

  • ★★ Very Good!!

本文以外にも『穿った』『斜に構える』『物語のさわりの部分』『潮時』など、あ、これ間違って使っているなあ。というのをよく見かけます。
しかしながら、時としてわざと間違えたほうがいい時も存在する。
されど、書く側としては絶対に知っておかなければならないことですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水鏡月 聖さんの他のおすすめレビュー 29