20年ぶりに格闘ゲームで本気出す男の物語

作者 稲垣(ドラゴンブック編集部)

何かに夢中になることの喜び

  • ★★★ Excellent!!!

大学時代、スト2にハマって、日夜練習に励んだのを懐かしく思い出します。
当時はネット対戦なんてものもなければ、攻略サイトや対戦動画もなくて、得られる情報は微々たるものでしたが、それでも上手い友達に習ったりして、それこそ夢中なって練習しました。
その後、バーチャファイターが出た辺りから、3Dの格闘ゲームが隆盛を極め、同時期に社会人となったのもあってゲームそのものから遠ざかってしまいましたが、何かに情熱を注げるというのは、素敵なことだと思います。
ぷよぷよでミカドの存在を知りましたが、いつか行ってみたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

私は今まで格ゲーというものにほとんど触れたことがない人間ですが、そんな私にも分かりやすく格ゲーについて教えてくれるエッセイです。しかもこのエッセイは読んでいてクスッと笑える! 
おもしろおかしく読め… 続きを読む

夏衣優綺さんの他のおすすめレビュー 21