過去と今の願い

作者 桐華江漢

91

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

奏でられる名もなき音楽によって、幼き頃の自分が、夢の世界を楽しく駆け巡り始める――そんな不思議な感覚を得られるような作品でした。
今へとつながる時間の中で、過去はしだいに色あせて忘れられていくものですが、大事な部分はちゃんと残っているものなんですよね。

★★★ Excellent!!!

以前、読ませて頂いてたのにレビューがまだでした。。

こちらの作家さんの良さが前面に出ている作品だと思います。筆力が確かなので、安心して読めます。

どのシーンも、美しい情景が目に浮かびます。
優しくおぼろげな空気感に満ちていて、心地良い。
ラスト、あたたかい気持ちで読み終えることが出来ます。

★★ Very Good!!

少年と少女が出会うシーンが何故かイメージに非常に焼き付きました。
大きな石が何故だか私に恐怖を与えたのです。

しかし冒頭の投げかけが示す先は、ホラーと言うよりも過去への執念であり
少年と少女の出会いがそれらを駆け抜けていきます。
再生機を登場させたのには、面白みを感じました!

企画もののストーリーと言うことですので
敢えて問題点を挙げるとすれば三点リーダーの誤用くらいで、
改行も会話文に多用されていましたが逆に読みやすかったです^^

Good!

プロットプロジェクト参加作品。

少年とお婆ちゃんの心あたたまる物語はどことなく童話のようであり、癒される作品でした。そして奏や春野お婆ちゃんの正体に意外性があったところもよかったです。

ホラー寄りのプロットでしたので、このようなほっこりする作品ができあがるとは思いもしませんでした。あたたかい物語が好きな人は気にいると思います。

★★ Very Good!!

森で出逢った少女には、思いもよらない秘密が隠されていた――。

少年が出逢った少女とお婆ちゃん。
二人との交流を通して徐々に明らかになる真実をたどれば、皆を笑顔にさせる結末が待っている。

企画作品では、話の方向性は違えど静かで深い色合いを感じさせる作品が多い中、うってかわって澄み切った明るい色彩を想起させる、少し切なくも明るい作品。

★★ Very Good!!

後悔も悔悟も、あのときに繋がる。

そのときを取り戻せても、取り戻せなくても、彼は前を向くだろう。

設定からホラーをイメージしていたので、ドキドキしながら読みましたが、思わぬ胸キュンの展開に、ほっこりしました。

同じプロジェクトへの参加者として、非常に勉強になりました。
こんな展開も面白い。
他の皆さんも面白かったですが、私はこんな物語が好きです。

ところで、私もヒロインの服装は白のワンピースとイメージしたのですが、皆さんもそうみたいでオドロキました。なんだろう。皆さんと何処かで繋がっているんでしょうか?