百合だと思ったらノーマルだった。

作者 秋保千代子

フォロー

★★★ Excellent!!!

私も、恋しました。

私も千尋に恋しながら読みました。

スラスラと文字が入ってきて、呼吸するように自然に場面の中に自分も存在している感覚を持ちました。

「百合だと思ったらノーマルだった」が作中に2回出ていますが、絶妙にニュアンスが変わっていて、「やられた!」と思いました。


ドキドキするときめく時間を、ありがとうございました^ ^