テンプレとコピペの境界

作者 黒井羊太

41

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 よく観察し、捉えられているなと感じました。私のほうもわりといろいろな作品を読んでラノベ以外にも目を通しているのですが、見返す作品というのは本当に面白いものが主だと思っております。
 やはり商品としての小説か、作品としての小説か。わりとそこは大事だと思います。片方が悪いというわけでもありませんが、なんといえばいいのでしょう。寂しくないかなとふと思うのです。
 心にぐっとくる内容でした。

★★★ Excellent!!!

 ……これは暴論であろうか? そう改めて考えさせられた提言である。
 そして、こう強く問い掛けて来る。オマエは何の為に物語を書いているのか、と。
 創作とは辛い物である。躓き、転び、足掻き、そして泣く。
 それでは、何故、そのような苦界に我々は身を置くのか?
 賞賛を得たい為か? それとも生計の為?
 確かにそう言う人も居られるだろう。作者も、そして私もそれを否定する事はない。人はそれぞれの考え方があり、その考え方を自分とは違うと言って否定しても意味はない。
 しかし……。しかし、だ。何事にも始まりの時は存在する。その時の気持ち、強い感情を思い出させてくれる。

 これはそう言う作品であった。

 尚、我々の先達の中には、そのアーキタイプを一人で書き切った偉大な人物が存在する事もここに記して置く。
 おっと、こんな事はテンプレは未だしも、コピペに関しては一切、関係のない事でしたね。失敬、失敬。

★★ Very Good!!

僕が活字の世界に入るきっかけとなった作品はライトノベルであり、その作品はもう幾度となく読み返しています。僕自身が本を書くようになってからも、娯楽目的で読んだり、勉強をする為にも読んでいます。
しかし、僕も最近のライトノベルは詳しくないのですが、試し読みする限りでは最近のライトノベルは「面白い!」と思わされる作品が本当に少ない。人気になってアニメにもなった作品でもそう思わされる作品がないのです。僕自身の主観の問題もあるとは思いますが、どうにも作品のレベルが落ちているような気がします。テンプレートはまぁ良いとして、文章で勝負しようという気概が感じられません。そんな作品が横行してる中で、僕はどんな作品を書けば良いのだろう、と考えさせられました。

Good!

 貴方も俺も、悩んでいる。
 自分の居場所を、作れるのか。
 自分は咲けるのか。

 見ず知らずの誰かが、きっと『俺』より書けてない誰かが、『俺』より遥かに上に居る。
 王道(テンプレート)の、力を借りて。
 あるいは流行りの、風に乗って。

 悔しくもある。 
 同じ思いを共有する人は、貴方だけではない筈だ。
 色々悩んで、良いんじゃないか?

 毒は可能な限り濾過除去して、貴方は貴方の思いを綴ればいい。

 悩むのは無駄ではないし、そこから咲く花もあるんじゃないか?
 俺はそういう真剣な人を応援したい。

★★ Very Good!!

 売れる読者層に合わせると作品が似た傾向になるのは仕方ありません。
 全然売れなかった作者がテンプレな話を書いた途端に大ヒットを飛ばしたと言う事がありました。その事例が全てを物語っています。
 今や小説を読もうなんて人はかなり固定されており、その層に合わせるとどうしても作品内容が似てしまい更に売る側がそれを求めるものだからどんどん状況はひどくなるばかりです。

 それでも少しずつ探りを入れながら挑戦する作品が出てくる事で状況は変わっていくのかも知れません。そう言う流れが生まれてくる事を願うばかりです。

★★★ Excellent!!!

本文にて書かれている作者様の本音は、レビュアーである自分自身が
近年、尽く最も言いたかったコトに符合し、非常に共感いたします。
そもそも「読み手」それ自体が成熟していない。だから安易な内容の、
およそ小説とは呼べないような体裁の作品が巷にあふれているのだと思います。
そこには作者や編集者自身のプライドもへったくれもありません。ただ売れればいい。
けれども作品を「商品」として売ることで出版社は利益を得られ、そこに立派な
ビジネスが成立します。世のラノベと呼ばれる作品群が、こうして我が物顔で
出版されているのは、確かにそれが「商品」として価値があるからなのでしょう。

そういったことを理性に返って綴られた追記は、健全すぎるほどに健全ですが、
やはり思うまま問題点をズバリと突いた本文にこそ意味があるのでは、と。そして
その追記も、後半の「読み返したい作品」については、それこそが本来の小説
作品と呼ばれるに相応しいものなのではないかと思います。個人的にも出来うる限り、
そういった作品を生み出したいと常々願っていますし、作者様のような書き手が
幾らかでもいるうちは、こちらを含め、そうしたラノベ予備軍がよくも
悪くも跋扈する小説投稿サイトも、まだ全く捨てたものでもないと思います。