私の兄の名言集。

作者 秋雨あきら

389

156人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

もう、タイトルからして笑いが滲み出ています。

お兄様のぶっ飛んだ(大真面目な)台詞もですが、
作者様のツッコミといなし方も絶妙です。阿吽の呼吸。
一度、遠巻きにお二人のやり取りを見てみたい(笑)。

疲れた時や、とにかく笑いが欲しい時にぴったりの一幕だと思います。
現に、とても癒されました(笑)。

ちなみに、必殺技の下りは何故か共感できるものg(省略されました)。

★★★ Excellent!!!

作者さんの近況ノートを全部読んだのですが、感想を書くのが難しいという話に共感しました
なので支離滅裂な、あるいは稚拙なレビューになることをお許しくださいませ

まず他薦で読み始めたのですが、ぼくのペンネーム的に気に入りました

そして文章の温度と雰囲気とがとても好みでした
妙なかけあい、冷静な文章、そういったものが妙に心を捉えて離しませんでした

お兄様も素敵ですが、妹様(作者様)も素敵ですね

★★★ Excellent!!!

ノリ的にさすおにのパロディーっぽいです。
内容は完全オリジナルなんですけどね。
兄をお兄様、妹を深雪――で脳内変換して楽しませて貰いました。これが、ほぼ実話(脚色あり)だとしたら、オモシロ兄妹過ぎますよ。

クリックが止まらずに、最後(最新話)まで通読の面白さです。

この作品、文庫本一冊分まで連載が続いて、カクヨム発の書籍化というか、さすおにの二人がCV当てて、ドラマCD化してくれないかなぁ。

最後に一言。さすがですわ、お兄様。

★★★ Excellent!!!

兄妹って、それが兄と妹だろうと、兄と弟だろうと、一番近い他人って感じなんですよね。信頼はあるんだけど強いわけでもなく、嫌いじゃないけど特別好きなわけでもない。僕は読んでいて、そう言う『特別じゃなさ』を感じました。普段から一緒にいて、どうでもいい話もしているからこそ、会話に気が入っていないというか。軽くお互いの言葉に興味を引く、位の時が一番会話に関心を持っている時であるという関係。そこに喜びとか悲しみのような感情もないところが、リアルさを感じさせてくれます。

★★★ Excellent!!!

キレのある会話と才能を感じる言葉選びでテンポよく楽しめて好きです。
ちょっとした空き時間とか、あまり頭を使わずにぼんやりと時間を過ごしたい時にピッタリ!

一話の分量が少なくて読み進めながら「次、次、もう一話...」と、ついつい次のエピソードを読みたくなってしまう構成となっているのは、純粋に”人に読ませるテクニック”という意味でうまいですね。

★★★ Excellent!!!

かなり短い話で、短いからこそ面白さが詰まり、濃厚です。
深そうに見えて深くないお兄様の名言(迷言?)は癖になります。妹さんのツッコミもたまにツッコミ放棄してる感じで某生徒会ギャグ漫画の津田くんを彷彿としますね!
満足度が半端ないです!
こんなお兄様がいたら退屈しないだろうな……!