片割れの領主

作者 SHASHA

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

双子にまつわる不吉な伝承と風習。
愚行だと頭で分かっていながら、一時の感情に流され、同じ道を辿ってしまった主人公を、わたしは非難できません。
容姿だけでなく、振る舞いまで同じ人間が目の前にいたら、きっとわたしも嫌悪すると思います。愛する者を奪われたのなら、なおさらです。

★★★ Excellent!!!

――

王政時代に生まれた双子の話です。

双子が生まれる国は不吉、よくいわれることですが、この物語を読んでなるほど、と思いました。

それでいてラストに向かう驚愕の事実もまたグッドです!

短編の中にも、伏線を敷くのは中々に難しいことだと思います、お見事です!

次の作品にも期待して星3つ送らせて頂きます。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 大国を納めるべくして生まれた双子について描かれた作品です。
 親の心子知らずと言いますが子の心も親は知らぬものでいがみ合ってしまう様子が、とんでもなく高い文章力によって描かれています。
 そこから出てくる雰囲気、空気感がストーリーにマッチしていて、読んでいて引き込まれました。
 ちょっとやそっとじゃ書けないと思います。きっとすごく本を読んできたんだろうな……

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

双子が不吉な存在であるという迷信を取り上げ、なぜ不吉とされるかを書き上げた作品です。

冒頭は双子を平等に扱った結果を。
終わりには双子がなぜ不吉と呼ばれるかを。

鋭い語り口で描かれています。
近すぎるからこそ、生まれた憎悪も激しいのでしょうか。