妖怪新着漁り

作者 ぶりきば(非公式)

603

259人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

私もいくらか作品を掲載しておりますが、やはりPVを得る最大の要因って、キャッチコピーなんだと思います。これだ、というキャッチがついてる作品はじわじわとでも確実にPV伸びてますもん。

しかし、短い文のなかに何を込めるか。何を込められるのか。それが読者のニーズとベクトルはあっているのか、などなど、いろいろ考えなければなりません。

その辺りのことが、ポイントを押さえて書かれています。一読して損はないかと思います。

★★★ Excellent!!!

驚くほどpvが増えました!ありがとうございました!(個人の感想です)

更新してもpv0が並ぶことが多かった作品と、特に更新しなくても何となくpvが増えていく作品との差って何なのかなあ、と考えます。
同じ作者が書いてるのになあ、と。

でも確かにキャッチコピーを分かりやすくつけるのはすごく大事かと思いました。
読む側に回ってみると確かに意味深なせりふのキャッチやくそまじめっぽいキャッチは敬遠しがち・・・そして自分がつけるのはそういうキャッチコピーばっかりだったという・・・

目から涙とうろこが一緒に落ちました。

★★★ Excellent!!!

 文体からしてしたでに出てくださっているので素直に受け止められます……。
 確かに……おっしゃるとおり……ほんとに……。
 どんな大作もまず開いてもらわないことには、ですものね!
 読み手としても、たまにキャッチコピーを入力していない方を見かけるの、すごくもったいないな~と思っていたところです。
 ほんと、おっしゃるとおり……。

★★★ Excellent!!!

論点をきちんと認識しておられるので大変参考になり、「まったくもってその通り」と頷くばかりです。
星の数ほどある小説の中から見つけてもらうのは中々大変です。改善すべき点、気を付けるべき点がはっきりと書き出されており「見つけてもらうための手引き」として役立つと思います。

★★ Very Good!!

 文章を読むのにかかるそのコストをヨムという単位にしてですな……。
 1ヨムの文章を読ませるには1ヨマセルというパワーが必要なわけで……。

 自分の文章が1000文字で1ヨムの文体だとすると……。
 なろうだと異世界タグで平均2.5ヨマセルを獲得できるから(適当)、それだけしか売りのない作品だと開幕ラッキースケベを2500文字以内に仕込む必要があって、さらに文体を硬くして1ヨム=600文字で世界観は歴史モノだと死体が転がるまでの最終防衛ラインは行数にしておよそ……ハッ!
 よし、自動的に作品を評価するプログラムを作……

★★ Very Good!!

本日からこのサイトを使い始めたのですがPVなるものすら増えず、嗚呼、Webだから多くの人から意見をもらえるという浅はかな考えであった自分の戒めになりました。
じっくりと文を練って、数少ないお客さんが足を止めて、何らかの形でレビューしてくれる作品にしていきたいと改めて思うきっかけになりました。

★★ Very Good!!

 この場に集うユーザーは、みなどこかライバル関係のような気がしていましたが、このような中、あえて「客観的視点」を提示した本作は「聞きたくても聞けない意見」という意味で貴重だと思いました。
 執筆作業は孤独で、書けば書くほど読者から遠ざかってしまうものですが、じっくりと落ち着いて考えながら、可能な限り読者に寄り添った作品を作りたいものです。

Good!

第二話『読めばわかる作品は読まない』で使われている【請求力】は【訴求力】の間違いではないでしょうか?

二箇所、使われているので本気で勘違いしているとしか……。

作者の日本語能力に対し疑問を与えるかも(・ω・)

また、これを読んで違和感を覚えない他作者様は、作家志望としてアカンと思います。

★★★ Excellent!!!

視点を変えれば世界が変わる。
そして少しだけ見方を変えて、自分の立ち位置もといスタンスにももう一度問いかけてみる。

ホントにそれでいいの、そのままで。

たぶん作家の「読まれたい」と読者の「読みたい」は同じところにあるはずだから、少しだけ省みてみようと、そう素直に思えました。
それでも変えたいくないもの、変えられないものはきっとあなたの「味」だから、出会えるのを待つしかない。
でもきっと出会える。少なくともこんなに物書きが溢れる場所で、作者は読者でもあるのだから。(って考えないとやってけないという気持ちもあるけれど苦笑)

わたしももうちょっと、がんばってみよう。そう思いました。
ありがとうございました。

★★ Very Good!!

内容はとても的確で濃いのに 文体がとても丁寧なので グサッと来ないで読めます。
連載14話目にしていまだに星が付かないお話を抱えている身にはつまされるものだらけ、でも全然上から目線ではないので、納得して行動を起こせそう。ありがとうございました。
→お陰様でこちらの内容を参考に様々工夫したところ、昨日から☆が付き始めました!効果ありです、本当に有難うございました。m(__)m

★★★ Excellent!!!

例えば、今回のカクヨムのコンテスト。

十万字とかってさらっと書いてあるし、文字数を超えている作品なんて、普通にザクザクあるけれど。

冷静に考えれば原稿用紙に250枚以上ですもんね。

文筆に関係する職業だとか、学生さんにとっては、ど~~ってことのない枚数だろうけど、大多数の一般人にとっては、眩暈するほどの量だと思うのです。

それをまあ、なんとか日本語で出来た物語りに書くだけでも大変だと思うのに。

最後まで読ませる。

心を動かして☆をもらう、なんてとても大変なこと。

そのためのヒントが、簡潔に盛らずに書いているところが素晴らしい。

是非、読んでみてほしい文章です。

★★ Very Good!!

読むものを選択する上で読者が取れる情報って、「タイトル」、「キャッチコピー」、「作品解説」と「星の数」、「完結or連載」程度なもので、それを大体見て読むとか読まないとか判断しますからね。
本屋と違って表紙もなし。すべて文字情報。その中でいかに興味を引けるのか?難しい命題ですね。勉強になります。

★★★ Excellent!!!

薄々勘付いていたことを、ビシッと簡潔かつ穏やかな言葉で示してくださって、今ものすごく作者の方にハグしたい。いやもう勝手にする。
挫けそうになっている方!
書くのやめる前にこれ読んで!やめるのそれっからでも遅くないから!

一目で「読みたい!」と思わせるのは本当に難しいですね。
漫画には表紙があり、CDにはジャケットがある。私よくやるんです。表紙買いとジャケ買い。
それと同じようにこのカクヨム界では『コピー買い』をしてもらわなきゃいけない。
いやもちろん無料ですけども。

努力、努力だな!
くじけそうになった時に、また読みにきます(笑)