「花の名前。」

作者 星村哲生

103

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

豊かに綴られた花の道が美しさを魅せるとともに、あなたの心に密やかにある花のあり方に問い掛けて来ます。

ぐっと涙が潤んで来たのは、歩みの遅かった我が子が、ある愛らしい花を手にしてにこやかに歩んだスナップを心のアルバムから思い出させて貰った事です。

ふいに打たれた時、この作品にある様に、これからの事を思い描きました。

ありがとうございます。

★★ Very Good!!

詩に関しては、私は全くと言っていいほどセンスがありません。
意味も良さもよくわからないことが多いです。

ですが、この作品からは、少ない文字数なのに、たくさんのイメージと思いを、人生に対する前向きなメッセージを感じました。

ちょっと難しかったのですが、こういう言葉の使い方もありかぁと勉強させて頂きました。

★★★ Excellent!!!

ひとつひとつの紡がれている言葉に心が温まりました。

復興への道はまだまだ長くかかるかもしれませんが、願いが続く限り復興への道は強く太くなっていくと思いますし…ひとつひとつの紡がれている言葉が、願いへと続く光となりますように。

ありがとうございました。
心の中が温まりました。