第二話

 Ⅱ:【あの日あの時】


 「暗黒タイヤン…。お前、どうやって。」


「知らねーのかよ。俺らが倒された後を。UFO型のガルスが回収してくんだよ。まるでお前らに倒されたみたいな状態にして。」


「UFO型の…ガルス。いたような。いないような。」


「そうだ。そこの緑。お前の中のガルスを操ったのもそいつだ。奥さん死んだろ。それ、お前がやったんだぜ。それにしても、上司に怒られたからってガルスを生むとはな。」


「お前…。大丈夫か。鷹杉。」


「お。またかぁ。」

 タイヤンが言う。


「ってめえぇぇぇえええ」

「おお。怖い怖い。パワーアップした俺様にはその全身タイツじゃかなわねぇぜ。」


「ウオオオオオォォォォォオオオオオオ!!!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

バットレンジャー 幻典 尋貴 @Fool_Crab_Club

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

幻典 尋貴《げんでん ひろたか》といいます。 どうぞよろしく。 たまに、レビューもします。 自分の作品への改善点などは以下へ。 【Twitter】 https://twitter.com/fool…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!