こちらとエブリスタで発表している小説たちはみな、過去に書いた作品をほぼそのまま再掲したものばかりです。掌編、短編が多いのでストックが多く見えますが、書いた文字数はそれほどでもないと思います。

 かつて書いたもののストックも、どうやら終わりに近づきました。発表するものがほとんど残っていません……

 書きかけている長編がありますが連載するという強い魂を持っていないため(涙)、完成するまでとてもお目にかけることはできない模様です。お目にかけることなく没になる可能性も多分にあります。

 がんばって何か書けるといいなと考えてはおります。もしもまた頭に浮かんできたら、書けるかもしれません。また読んでくださるおかたがいらっしゃったら、ぜひ遊びにお越しください。

 いつもありがとうございます。

(エブリスタではちょっとしたエッセイの連載をしています。同じ名前ですので、よろしければどうぞ……)