『烏と骸』というものを書いてみました。
人の恋愛は恥ずかしくて書けない、じゃあ人外の恋模様をということで。
お楽しみいただけたら幸いである。