嫌なことがそんなに嫌なのか?
辛いことがそんなに辛いのか?
退屈なのがそんなにつまらないのか?
幸せになりたいのに不幸せばかり数えるのか?



さてと、取り敢えず、どういうわけかわからないけどPV数が伸びている、評価はそうでもないけどエピソードの応援が伸びているので、触れないわけにもいかないので触れてみる。

○異世界とか転生とか気持ち悪い…
○異世界とか転生とか童貞野郎の願望だろ?

二種の趣が異なる異世界を題材にした作品。
前者は異世界は甘くないということをメインに描いているつもり。
前者の登場人物はみんな現実と向き合って現実に立ち向かえるタイプ。
辛くても現実と向き合って諦めず、前を向ける人達が、理不尽に異世界に連れてこられる話。
現実逃避で異世界を求める人は読まない方がいいかも?

後者は、理不尽な現実が嫌でそれに立ち向かうことをしないで異世界に幻想を描いている童貞の男が主人公。
サブキャラは色々出すつもり。

どちらも異世界とか転生とかライトノベルを読んだことが無い自分が書いたものですが、なぜだか上記に記した通りのPVと応援の状況です。
爆発的ではないですが、他の自分の作品よりも明らかに読まれている。
感想がないからよくわからないけど、異世界や転生っぽい作品になっているのかな?
感想がないからわからない(苦笑)



自分に矜持を、読者に感謝を。