見えないけれどそこにある……無いんだけれど確かにある……あるはずなのに無い……無いもあるも同じこと……



諸事情で非公開の作品が多数ある。
極めて短篇(2000~4000文字程度)だけど、自信作だったりする。
公開は未定。
異世界ものを書きつつ、短篇を書きつつ、中編コメディ書きつつ、その他も書いているため、短篇集()シリーズのリニューアルをしている時間がない。
時間がないからこそ、書き進められるときに書いておきたい。



自分に矜持を、読者に感謝を。