ほんにお暑うございますこと。
わたくしは朝焼けよりも夕陽を愛す乙女。
夏の、特に今夏の尋常ならざる陽射しに辟易いたしております。

とは申せ、日光を浴びねばビタミンDが摂取できませぬゆえ、カンカン照りの中、わたくしは日傘なぞをさしまして、我が屋敷から町内の公園までお散歩でございます。

チリリ~ン

風鈴の音色が、わたくしの汗をぬぐってくれるようでございます。
日本の原風景でございます。

~~♡♡~~

「ヤマさん、あれってかなり怪しくないですか? ちょっと行って職質かけてきます」

若い巡査は停車しているパトカーの助手席のドアを開けようとした。

「いや、タナカよ。やめておけ」

「えっ? だって間違いなく犯罪予備群でしょ、あれは」

「タナカはまだこの町内の交番に配属になって一週間だよな」

「はい、そうですが」

ハンドルを握った両手に顎を乗せ、ヤマダ巡査部長はため息をついた。

「この町内はさ、ちょっと変わった住民が多いのさ」

「変わった住民って、ヤマさん。あの路地を歩いている姿を見て下さいよ。
あんなデッカいビーチパラソルの露先に、いったい幾つ風鈴を吊してるんですか。
砂浜で軽く五人は陽射しを遮れる大きさなんですよ。
しかもですよ。
あのオッサン、禿げた頭部を一九分けにして、なんで真紅のレオタードにハイヒールを履いてるんですか。
絶対に異常者ですよ!」

ヤマダ巡査部長は憐憫の眼差しで、通りを歩く腹の突き出た中年男を見やる。

「そうだよなあ。常識で考えれば明らかにサイコパスってやつだよなあ。
あのオッサン、いや、男性はさ。高尾つば吉っていう還暦前の人でな。
ほら、この先にある幽霊屋敷、もとい、古民家の住人なんだよ。
自称小説家で、日雇い労働で食ってるようなんだ」

「え? あの誰もが避けて通るボロ屋敷のですか!」

「うん。町内会長も何度か訪問してさ、つば吉っつあんに、『あんたも、もういい年なんだから、早く所帯でももって平穏な暮らしたらどうか』なんて諭してるらしんだけどな。
本人はさ、自身を二十歳半ばのギャルだって思いこんでるみたいなんだな」

「え~っと、二十歳代? ギャ、ギャル?」

「ああ。しかもだ。『職質マニア』でさ。職質されるのが趣味だっていう、風変わりなオッサンなんだわ、これが」

タナカ巡査は金属を舐めたような、不思議な感覚にとらわれていた。

~~♡♡~~

は!
いつのまにか、わたくしったらエアコンの効いたリビングでお昼寝をしていたようでございます。

わたくしが、お腹の突き出た一九分けの中年男性だったなんて!
この夏は夢さえも異常に観させるのでございましょうかしら。

顔を洗ってサッパリと……ちょっと待って。
もし鏡を見て、そこに一九分けの中年殿方が写っていたら……

確か、今年の初夢でも似たような……

小心者のわたくしは、そのままもう一度夢の世界へ入って行きました。

~~♡♡~~




カクヨム界へ、こっそりと戻りつつあります、わたくし。
「goodレビュワー」の称号をいただきながらも、皆さまの御作になかなかレビューをさせていただけず、誠に申し訳ございませぬ。

もすこしお時間を頂戴いたしますけど、必ず完全復活いたしますゆえ、今しばしお待ちいただきとうございます。

そんな中、久々に「契約遂行」なるハッタリホラーを、何の宣伝もせず公開させていただきましたところ、なんとのべ120名ものお方にお目通しいただき、さらにお★さま、温かき応援コメントに素敵なレビューまで頂戴いたしております。

今作は自身でもレビューしづらい内容でございます。
大感激のつばきでございます♡

レビューをいただきました、
春川晴人 さま
紺藤 香純 さま
夕日 ゆうや さま
伊藤愛夏 さま
一矢射的 さま
陽野ひまわりさま

心より御礼申し上げます!


お★さまをいただきました、
のまぐちこやり さま
aoiaoi さま
桜井今日子 さま
成井露丸 さま
白里りこ さま
鶯ノエル さま
RAY さま
ユーリ・トヨタ・アルバチャコフ さま
愛宕平九郎 さま
PURIN さま
弦巻耀 さま
夢見るライオン さま
叶 良辰 さま

心より御礼申し上げます!


猛暑に台風と尋常ならざる状況の我が国。
皆さま、どうぞお気をつけくだすって、日常およびカクヨム生活をお過ごしくださいまし。

チリリ~ン♬

12件のコメント

  • こんばんは、つばきちゃん♪

    お盆休み早々、つばきちゃんの近況ノートコメディを読めるとは思わなかったw

    高尾つば吉――。
    腹が出た一九分けの中年オヤジとか、それが本当のつばきちゃんの姿だったら、今までのつばきちゃんとのやりとり全てが黒歴史になるな(笑

    俺の中ではつばきちゃんは、知り合ったときからずっと峰不二子っぽい二十七歳(性格良し)だよ♡


    ところで、「五分間小説」調子いいね。だって俺のより読まれているしねっ! リハビリはもう十分でしょ。さっさと完全復活してまた新作投下してね♪

    それではまた(^▽^)/

  • ノエ〜ル先生、おこんばんは♩

    暑さにボケ〜っとしながら、久々に御礼のポンコツ物語をばしたためてみました☆

    あ、あくまでも「フィクション」でございますゆえ、先生の黒歴史にはならないと思います♡
    ただ、二十七歳よりかはちょっぴり上でございますの。乙女の年齢は、ヒ・ミ・ツ、でございます。

    お盆で先生もご家族さまと寄生虫……あらやだ、なぜかような変換に?
    帰省中やもしれませぬわねえ。
    わたくしは、のんびりとお屋敷でくつろいでおりますわ。

    このところお★さまにかかわるエッセイが多ございますのね。RAYちゃんもテーマに取り上げられておりますようで。

    つばきの紡ぐ物語は、元々読み専のお方には受けませぬ。でも、それでよござんす。小説を描かれるお方にお目通し頂ければ、それで満足。

    だって玄人のおかた(作家という意味合いですの)がお読みくださるなんて、とっても嬉しいから♡

    我が道を、気ままに進ませていただきとうございます。

    もう少し落ち着きましたら、また猟奇な物語を描いてみたいなあ。

    その節には、ノエル先生、どうぞよろしくお願い申し上げます♫

  • エアコンがかかった部屋で寝ていたのに性転換の夢を見る……なにか不思議な怖さがありますね。本当に猛暑のせいだったのでしょうか。
    クスリと笑わせながらも、スッと怖さが入ってくる感じでした(^▽^;)

    完全復帰。楽しみにしてます!
    つばきさんもお体にはお気をつけ下さいませ~ (*゚▽゚)ノ

  • 高尾さま。
    いつも大変お世話になっております。
    わざわざ私の近況ノートへのコメントまで。
    お気遣い感謝します。


    お世話になっております、というのはですね。
    今やジャングルと化しつつあるカクヨムでは、高尾さまのレビューに頼りっきりです。自分が探してもなかなか琴線に触れる作品に巡り会えないのに、高尾さまのレビューだと高確率で当たりを引くんですよね。

    最近、投稿にも復活されたとの由。
    レビューだけでなく御作も楽しみにしております。

    ではまた。

  • ゆうけんさま、おはようございます♩

    さようでございますのよ、ちょっとこれが。
    なにゆえ、わたくしがメタボ一九分けの残念な中年殿方になっておりましたのか……

    は!
    これはもしや、サマージャンボ宝くじで一等をいただく暗示?

    いつも拙作をご覧くださり、本当に嬉しい♡

    ゆうけんさまも、どうぞお身体をお大事になさってくださいまし。

    また何か勘違いして物語を公開させていただきました際には、よろしくお願い申し上げます♫

  • 伊東さま、おはようございます♩

    わざわざお越しくださり、ありがとうございます☆

    あらま!
    わたくしが拝読いたした物語をご覧になっていらっしゃいますのですわね。

    皆さまが紡がれるお話は、ほんに面白うございます。
    伊東さまと相性が合いまして、大変嬉しく思います♡

    今後ともどうぞよしなにお願い申し上げます♫

  • つばきちゃん♡こんばんは!

    お盆も通常営業の愛夏です。
    先日は久し振りのコメント、本当に嬉しかった。でも無理やり書いてなんていないんですよ♡書きたくて書きたくて書いています♡

    今回の近況ノートも、はっとさせられる楽しさでした。
    お忙しいとは思いますが、また新作も楽しみにしています。

  • 愛夏り〜〜〜んっ、おはようございます♩

    つば吉、いえ、つばきの幽霊屋敷、いえ、お屋敷にようこそ♡

    書きたい!
    そのお気持ちが大事よね。
    溢れ出る創作意欲は、枯れない泉。どんどん紡いでくださいまし。
    わたくしはずっと追いかけさせていただきとうございます。

    つばきは、年中お盆とお正月。
    どうぞご無理だけはなさらないでね☆

    今はまだ新作には着手できませぬけど、構想だけは練っておりまする。

    またエクレアなどをお手土産に、愛夏りんの執筆室へお邪魔させていただきま〜す♫

  • つばきちゃん、こんばんは(*^_^*)
    ノートへのお優しいコメント、本当に嬉しかったです✨
    ありがとうございます(´∀`*)💕

    久しぶりにつばきちゃんのノート小説が読めてすごく嬉しかったし、楽しかったし、何より元気をいただけた気がします\(*´▽`*)/

    今週末の関東はさらっと過ごしやすい陽気でしたけれど、来週は台風やら暑さが戻ったりやらするみたいですね💦
    つばきちゃんも体調崩さないようにお気をつけてくださいね(*^_^*)

    お土産に、湘南名物「生しらすエクレア」を置いていきます♪

  • おや、どなたか客人が玄関に。

    は?
    ひらあやまり、さんと申すのか?

    明智くんならお出かけじゃな。
    わしか?
    わしは遠藤平吉と申すジジイじゃがの。
    人呼んで、怪人二十面相とは何を隠そう、わしのことじゃわい。

    久しぶりに明智くの屋敷を陣中見舞いで訪ねてきたのじゃがな、どうやら明智くんは病院へ走っていきおったわい。

    精神科?
    いやいや、なんでもアイスティを一気に三リットルほど飲んだところ、ゲリピーになったとのことじゃ。町内の内科へ、ケツを抑えて小走りでいきおった。

    鍵もかけずに突っ走っていきおったもんじゃからの、泥棒に侵入されぬように、お留守番しておるんじゃあ。

    お、ようよう考えたら、わし自身が泥棒じゃったな、フォッフォッ。

    うむ?
    その手土産なるものは、わしの好物の「生しらすエクレア」ではないかの?

    明智くんは当分ゲリピーじゃろうて、せっかくの手土産じゃからして、この怪人二十面相さまがいただいてしんぜよう。

    ひらあやまりさんとやら、何をやらかして謝っておるのか知らぬが、おぬしも一緒にいかがかの。

    え?
    ひらあやまり、でのうて、陽野ひまわりさんとおっしゃるのか。

    これは、あい済まなんだの。すっかり耳が遠くなってしもうたわい。

    ところで、お客人、名前はなんと申すのかの?

  • つばきちゃん、こんにちは〜♡(*^^*)お暑うございます♪
    本日は、涼しげなガラスの陶器に、天然氷のふわふわかき氷を山盛り、その上に上質な練乳をたっぷりかけてお土産にお持ちいたしました。高速ジェット機の室内をキンキンに冷やして運んでまいりましたので、作りたての美味しさを味わっていただけます♪巡回中のタナカ様とヤマダ様も是非ご一緒に♡(笑)

    とっても楽しいノート小説でした!相変わらず切れ味の良いつばきちゃんの魅力をたっぷり堪能させていただきました♪( ´▽`)
    実を言うと、そろそろつばきワールド禁断症状が出始めている私……またつばきちゃんの楽しい世界にダイブしたい気持ちがムズムズしています♡
    でも、どうぞ焦らず、あくまでもつばきちゃんのペースで……パワー漲る新作、心待ちにしております(*^^*)💖

  • アオイちゃん、こんばんは〜♩

    ま!
    キンキンに冷えたかき氷ね!
    嬉しい♡

    ちょ、ちょっとお腹の具合が悪うございますけど……いえ、せっかくのプレゼントですもの、わたくし、全部頂戴いたしますわよ!

    つばきワールドだなんて、恥ずかしゅうございます。
    それでも、アオイちゃんのお言葉はつばきには、とっても滋養強壮剤になりまする☆

    またまた台風が接近のようでございます。
    アオイちゃん、どうかお気をつけてくださいまし。

    わたくしは「喧嘩上等」の鉢巻をばしめまして、台風に立ち向かう所存でございます♫

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン