クリストファー・ノーラン監督の

 「TENET テネット」

観てきました。
久しぶりの映画館です。

感想は、


__「インセプション」みたいな映画で、「インセプション」を10倍面倒くさくした感じで、うーーん……、「インセプション」の方が面白かったなあ。


って感じです。
面白かったか、面白くなかったか、と言ったら、面白かったです。
ただ、
「あー、面白かった。」とも能天気に言えないし、
「すっごい面白かった!」と興奮も出来ないし、
「面白かったんだけど…………色々分からなかったことが多過ぎ」で、
きっとこの映画をフルに楽しむ為には、すごくいい頭と、すごくいい動体視力が必要なんだろうと思います。


頭の中でこねくり回した理屈を、圧倒的な臨場感の映像で説得力を持たせる映画造りをするノーラン監督。


今回もメイキングを見たらすごいんだろうなあ……と思われるシーンがいくつもありますが、
今回は「理屈」が難し過ぎて、さすがに頭が付いていけませんでした。
なんだかすごい事が目の前で起きている……というのは感じるものの、具体的に何が起こっているのか?、目で見ているものが脳で理解できない、あまりに映像の内容が濃過ぎて目が追えない、という事態に陥ることしばし。
驚きの展開!……というのは、ある程度の理解と「こうなるんだろうな」と言う予想が立って、「驚き」が生じると思うんですが、なんだか、ポカーーン・・・・、と、あっけにとられるだけで、「驚き」を感じるほど「理解」出来ませんでした。
最後のクライマックスも、何が何やら、ねえ?…………
ストーリー全般も、「リアル」にこだわり過ぎたのか、地球規模の壮大な設定の割には、地味~~なスパイ合戦って感じで。最後はやっぱりああなるんだから、それをもっと前倒しして……とか思っちゃいました。

と言うわけで、
「面白かった……んだけどお~~~………」
と、観賞後の感想はクレームが多くなってしまいました。
でも、もう一回見たら、
「やっぱすごいなあ」
と感心して素直に面白いかもしれません。
それもこれも一回じゃ理解できないわたしの頭の悪さのせいで……

とりあえず、また「インセプション」が見たくなりました。
で、また「テネット」にもう一度挑戦したくなるんだろうな、と。
そう思わせる魅力は確かにありました。