現在執筆に向けて文章を整えている『秋暁の霧、地を治む』で、物語の3/4が過ぎた時点での52,120文字しかなかった……。第六章から第八章までが手直しなしで32,700文字でした。残り15,000文字。これは一章余計に作らないと埋まらないかな。

 でもこれ以上無駄なシーンを増やしたくないし、出来事を増やすと散漫で冗長になりかねない。一話をできるだけ長くする手もあるけど、それには会話文を増やさないといけない。
 私の作品はライトノベルとしては会話文が少ないほうなんですよね。
 端折れる会話文は端折る主義なので。
 それでも視点固定で元の『暁の神話』で「三人称視点」だったものを主人公の「一人称視点」に切り替えているから、増えも減りもするんですよね。
 主人公の王国軍側はこれまでどおりに書けるのですが、帝国軍側のシーンがまるまるカットとなり急遽王国軍シーンへ転換してやりくりしています。
 これがなかなか難しくて、同じ分量を確保できないんですよね。それであえて会話文を増やして対応していますが、今読み返すと「散漫だなぁ」と感じます。どうしたものか。
 とりあえず『秋暁の霧、地を治む』を最後まで「一人称視点」へ変換してみて、総文字数をカウントしてみますね。これで増やすシーンが作れないかチェックします。
 今の感じだと、現在の文体では文字数を稼げない。
 ライトノベルに寄せて会話文を増やしてみるか。でも会話文が少ないほうが書きやすいんですよね。昔から会話文の少ない小説を書いていたので。しかも中学生時代からほぼ「三人称視点」でしたからね。「一人称視点」での会話文の適切な分量がなかなかわかりません。
 そもそも戦争ものを「一人称視点」で書くのはかなり難しい。
 司馬遷氏『史記』や陳寿氏『三国志』は「三人称視点」なんですよね。だからどうしても「三人称視点」で挑みたくなります。
 でも『三国志』の人気が出たのは吉川英治氏が劉備と諸葛亮が主人公の「一人称視点」にしたからなんですよね。もちろん関羽と張飛が主人公になるパートもあったのですが。

 まぁ明日は添削一件抱えているので、今夜は少し推敲して文字数を増やせそうか確認してみます。

 頸椎椎間板ヘルニアで体調不良になる日が増えているのが悩ましいところですが。

────────

 ということで、現在はとりあえず私の執筆と体調を整えるのを優先していますが、気分転換になればと近々添削募集を行なう予定でおります。

 ただ、明確に「いつ」とは断言できませんので、募集開始の「近況ノート」をお待ちくださいませ。

5件のコメント

  •  あまりご無理なさいませぬよう、ご自愛下さい<(_ _*)>

  • これは、どうなさるんでしょう。

    会話文、ぶちぎりで書くと、また、流れやリズムが悪くなるので、多少は多めでもいいかもと思いながら、私は書いております。

  •  水守風火様、コメントありがとうございます。

     先週木曜日に都会の大病院に行ったのですが、先に料金を示されてビックリ。
     想定の税抜15万円かと思ったら、三泊四日の泊り検査で、しかも全室個室で一泊税抜3万5000円。4日だから14万円で、想定の倍かかると判明。
     「泊まりの検査はできません」と伝えたら、MRIもCTも撮らずに会話だけで帰されました。
     「髄液減少症」は検査も治療も金持ちでなければできないのだなと。

     なので、だましだまし体調不良と付き合いながら生活するしかありません。
     これを日常にするしかないんですよね。
     まぁ小説について考えていると時間はすぐに経ちますけどね。
     執筆と添削に励みたいと思います。

  •  アメ様、コメントありがとうございます。

     いやまいりましたね。
     最近小説を書いていなくて、三人称視点の中編小説を一人称視点の長編小説に仕立てようと思っているのですが。
     王国サイドと帝国サイドの話が交互にあったものを、すべて王国サイドの主人公ひとりに委ねなければならない。
     元々「群像劇」だったものを「ヒロイック」に仕立てるのはとにかく厳しいですね。

     会話文を増やすよりは、シーンというか分量的には1章増やすほうがよいのかもしれません。どんなエピソードがよいのか、もう少し考えてみます。
     出だしは3,000字、山場は5,000字、平時1,500〜2,200字くらいなので、増やそうと思えば増やせなくはないのですが。
     戦争ものをサクサク読めるようにするのが(^_^;)
     兵法についてのウンチクを増やす手もあるにはあります。でも読み手はウンチクよりも物語そのものを楽しみたいはずですからね。
     やはり章を増やすべきですね。
     1章なら上記の平時2話、山場1話で110,000字になりますからね。残り5,000字なら会話文での水増しもできるでしょうし。

     とりあえず、ラストまで一人称視点に変換してみて、実際にいくら足りないのかをはっきりさせないとですね。
     頑張ります。

  •  なんとか第一章を6,000字前後にできました。
     テンポをよくするために、適度に省いていた部分を広げる形で処理。
     ただ、導入部分が6,000字あると、もうここからの物語になりますよね。
     本編は第二章から始まる予定なんだけど(^_^;)

     余談ですが、タロットの大アルカナは異世界転生ものとして読めると気づきました。111年前にアーサー・エドワード・ウェイト氏とパメラ・コールマン・スミス氏が大アルカナに込めたのは、なんとラノベ主人公だった!!

     と書くと煽りとつかみはOKかなと。

     体調不良続きでなかなか『秋暁の霧、地を治む』の修正がなかなか進みません。
     さらに株式トレードで日中は相場を見ていますし、タロットも始めているし。
     本気で小説書き上げようと思っていないように映ります。
     そもそも本作は異世界ファンタジーであって、デイトレーダーもタロット占い師も出てこないんだけどなぁ。
     そう考えれば、小説優先にせねば。
     デイトレとタロット占いも、小説を書き上げてから復習に入っても間に合うだろうし。
     あとは体調ですね。
     とか言いながら、明日は壊れた電子レンジの代わりに買った電子レンジが届くので、日中には書けないのが決定しております。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン