突然ですが、皆さんこんにちは
紅蛇と申します。読み方は「くれないへび」です。


太宰治さんの「女生徒」を読んでみた。
ただ、それだけ。

4件のコメント

  • こんばんは、落ちゃんです。

    この度は、「ブラウス」にお星さまをくださり有難うございました。

    こうやって評価をいただけることは本当にうれしいです。

    官能的な作品も精力的に執筆していこうと思っています。

    なにとぞこれからもよろしくお願いいたします。('ω')ノ

  • こんばんは
    コメントありがとうございます!

    「ブラウス」ドキドキしました。
    きゃー!どうなっちゃうの!?なんて騒ぎながら、読みました(*´꒳`*)
    官能的な作品、ワクワクですね!
    えぇ、よろしくお願いお願いします!

  • 紅蛇さん、こんにちは。
    こちらにお邪魔いたします。

    阿瀬さんにもプレゼントしました。
    あの方のインタビュー記事です。
    是非。

    https://news.yahoo.co.jp/feature/825

    せなつ

    PS:わたし、太宰治が入水した場所のすぐ近くに住んでるんですよ(ジブリ美術館も近い)。なのに太宰をちゃんと読んだことがない。汗

  • 瀬夏さん、こんばんは
    お返事が遅れて、申し訳ないです。

    インタビュー拝見しました。
    「ブス設定」で歌っているの、興味深いと思いました。
    特に最後の、私にとって、神様は女の子なんです。と言っているところに、グワッときました。なんだか、凄いなぁとしみじみ思ってしまいました。それでも、寄り添っている気がして、またまた凄いなぁと。
    (なんだか、変な感想文のようになってしまいました笑)


    え、入水したすぐ近く!?なんだか、凄いですね(笑)
    今回私の読んだ『女生徒』は、拙作の「爪に色に塗る」のレビューで、書かれているのをみて、読んでみたものです。ところどころ、共感してしまうところや、主人公可愛い!と叫んでしまうシーンが多々ありました。
    彼の有名な『人間失格』もよかったのですが、個人的には『斜陽』の方が好きでした。失格している方は、ちょっと私には暗すぎて……うっ。
    (なんだか、またしても変な感想文のように……申し訳ないです!)

    お返事が遅れただけでなく、変なコメントまで、紹介してくださったのに、すみません。
    インタビューが読めて、良かったです。ありがとうございます!


    紅蛇

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン