「恋とオークと小悪党と、さらわれた風呂屋」 https://kakuyomu.jp/works/16816700427110544049

思いつきで外伝を書いております。

第一部第4話の後くらいの頃が舞台で、冒険者時代のエイダンの一エピソードとなっております。

2件のコメント

  • 近況ノートのコメント欄に失礼いたします。尾八原ジュージと申します。
    この度は拙作『ギシギシ、ゴンゴン』にレビューをいただき、ありがとうございます。どうしても一言お礼申し上げたく、この場を借りさせていただきました。
    ホラー作品にとって「怖い」と「気持ち悪い」は最高の誉め言葉、これを両方いただけるとは作者冥利に尽きるというものです。本作をお読みいただき、本当にありがとうございました!

  • ホラーを褒めるとどうしても悪口みたいになってしまって、非常に申し訳ないのですが、本当に短い中で、よくまとまっていて、ゾワゾワくるような短編でした!
    こちらこそ良作をありがとうございます。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン