いつもご覧いただいてありがとうございます。清野静です。

今回のお話は自分としてはかなり突っ込んだ恋のお話となりました。

これまでぼくはどちらかというとその手の話が苦手で避けてきたのですが、今回(前作もそうですが)正面からそれに取り組んでいるうちに、だんだん書くのが楽しみになるようになってきました。

男の子と女の子――。

いつも時代もこの一対の組み合わせが生まれるとき、そこにはなにか素敵な物語が発生するようです。